ティーライフのたんぽぽ茶ブレンド、効果と成分、口コミは?

ティーライフ たんぽぽ茶

ティーライフの「たんぽぽ茶ブレンド」は、母乳育児ママに定番のお茶。10万人以上の方に愛飲されている人気のブレンドティーです。

「どうして、こんなに多くの人に選ばれているの?」
「美味しいから?母乳が実感できるから?コスパがいいから?」

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の効果や成分、飲み方や価格、口コミなどについて、まとめてみました。実際に購入してみたレビュー&体験談付きです!

ティーライフ たんぽぽ茶の詳しい説明へ
>ティーライフ たんぽぽ茶の体験談・レビューはこちら

ティーライフ「たんぽぽ茶」の効果と成分について

ティーライフ たんぽぽ茶 効果

ティーライフの「たんぽぽ茶ブレンド」は、母乳不足に効果があると言われる「たんぽぽ根」や、ビタミン豊富な「黒豆」などをブレンドしたハーブティー。

ノンカフェインで、母乳量アップ効果が期待できることから、授乳期ママに人気のお茶です。ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の成分とその効果を見てみましょう。

・たんぽぽ根
ビタミンB、C、鉄分などが豊富で、血行を促す働きがあります。母乳不足、冷え性、疲労回復、不妊などの改善効果が期待でき、漢方の生薬としても使用されています。

・発酵ギンネム
ギンネムとは、熱帯・亜熱帯地域に自生するマメ科の植物。タンパク質、カルシウム、カリウム、カロテン、ビタミンKや鉄分が豊富。そのままではアクが強いのですが、発酵させることで栄養価の高さと美味しさが実現しました。

・黒豆
黒豆には、ポリフェノールやビタミン類など、さまざまな栄養素がバランスよく含まれています。冷え性、便秘、ストレスや不眠、肥満などの改善効果が期待できるため、産後ダイエットにも最適。

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドには、鉄分やカルシウムなど、母乳育児ママに不足しがちな栄養が豊富に含まれています。

ティーライフ たんぽぽ茶 効果

ティーライフの「たんぽぽ茶ブレンド」は、母乳不足の改善効果や、ママの体への優しさで人気。多くの雑誌や芸能人ブログで紹介されているので、見かけたことがあるのでは。

タレントの小原正子さんも、たんぽぽブレンドを「母乳育児中の私には、ありがたいお茶です!」とブログで紹介しています。

副作用は?飲み合わせの注意点は?

それでは、ティーライフの「たんぽぽ茶ブレンド」に、副作用や飲み合わせの心配はないのでしょうか。

ハーブティーなので副作用の心配もなさそうですが、気になる点をカスタマーサポートにお問い合わせしてみました。以下、ティーライフさんの回答になります。

・副作用はありませんか?

副作用の心配はありません。ただ黒豆が含まれていますので、医者に「イソフラボンの摂取を控えて下さい」と言われている方は、飲む量を控えて頂くようお願いしています。

・飲み合わせの注意点は?

飲み合わせについての問題はありません。ただ、できればお薬と一緒にお飲みにならないほうがいいかもしれません。

「たんぽぽ茶ブレンド」は、ノンカフェインですが、お薬によってどの成分が効き目をジャマしてしまうか分かりません。お薬を飲む時は、水か白湯で飲むようにして下さい。

・1日に「たんぽぽ茶」と「たんぽぽコーヒー」の両方を飲んでも大丈夫ですか?

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーを一緒に飲んだとしても、1日にふつうに摂取するくらいの量なら、問題はないと思われます。

・たんぽぽ根は中国産ですが、安全性は?

たんぽぽ茶ブレンドの原材料の「たんぽぽ根」は中国産ですが、中国から輸入されたのち、国内で農薬の検査を実施しているので、安心してお飲みいただけます。

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」には、副作用や飲み合わせの心配はとくに無さそうですが、イソフラボンの摂取を控えるよう医者から指示のあった方は、飲む量を控えめに。

原材料の「たんぽぽ根」は中国製ですが、たんぽぽの採取地として守られた地域で栽培されたものを使用。農薬は不使用、国内で残留農薬検査を実施。安全性は十分に考慮されています。冬はマイナス40度という厳寒の地で育ったたんぽぽには、たくましい生命力があります。

ティーライフ「たんぽぽ茶」の価格と成分

ティーライフ たんぽぽ茶 価格

製品名 たんぽぽ茶ブレンド
製造販売 ティーライフ株式会社
原材料名 たんぽぽ根 発酵ギンネム 黒豆(大豆)
内容量・価格 お試し10日用‥730円(送料無料)
1か月分(30個入)+マグボトルセット‥2370円(送料無料)

ティーライフ たんぽぽ茶 価格

ティーライフ たんぽぽ茶の公式サイトへ
>ティーライフ たんぽぽ茶の体験談・レビューはこちら

ティーライフ「たんぽぽ茶」の口コミと評判

「たんぽぽ茶ブレンド」を実際に飲んでいる母乳育児ママの口コミも気になりますね。それでは、ティーライフ公式サイトによせられた口コミや評判をチェックしてみましょう。

一人目出産直後の頃から、ほぼ毎日飲んでいます。ふだんは麦茶をつくって飲んでいたのですが、こちらを飲んでからは黒豆の香ばしさがとても美味しくて、もう麦茶には戻れません。

飲み始めてから母乳の出が安定し、完母で育てることができました。そして1人めが1歳になった頃からは、一緒にごくごく飲んでいます。

1人め妊娠のときは貧血がひどく点滴をしていたのですが、2人め妊娠の今回は、妊娠中から飲み続けていたからか、貧血が治っており安心しました。この度2人めが産まれたので、また完母で育てるためにたくさん飲ませていただきます! (らあゆさま)

育児しながら、愛飲してます。友人から聞いて、出産前から飲んでいます。私にとっては、美味しく飲みやすい味。

たんぽぽ茶のおかげか、1ヶ月しないで母乳の出が安定し、6ヶ月の今では2~3ヶ月年上の友達の子たちよりも大きくなりました。ほぼおっぱいでこんなに大きいのと、驚かれます。まだまだ続けようと思ってます。(ピカピカママさま)

妊娠中から、こちらのたんぽぽ茶を飲んでます!そのおかげか、母乳の出は素晴らしいです☆個人的にですが、甘いものや油っぽい物を食べた後にも、これを飲んでおくと詰まりがなく、サラサラとした母乳になるので助かってます。

違うメーカーに浮気しましたが、また戻ってきちゃいました(笑)こちらの方が飲みやすく、一つのパックで長く飲めます!(さまこさま)

ティーライフのたんぽぽ茶は「育児雑誌で紹介されていた」「芸能人ママブログで見かけて気になった」などの口コミもみられます。

「香ばしくて飲みやすい」「やかんで大量に作っておける」「冷めても美味しい」など、簡単に作れて、作り置きできる点も人気です。以上、ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の口コミと評判でした。

ティーライフ「たんぽぽ茶」の作り方・飲み方は?

それでは、ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の作り方・飲み方を見てみましょう。

たんぽぽ茶の飲み方・作り方

1)ティーバックをポットに入れる
2)沸騰したお湯を、お好みの量(500ml程度が目安)注ぐ
3)好みの濃さになったら、ティーバックを取り出す

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の美味しい作り方のコツや「水出し」での入れ方について、メーカーさんにいろいろと伺ってみました。

たんぽぽ茶の作り方のポイント

・やかんでの作り方
→ティーバックを入れるタイミングは、お湯が十分に沸騰してから。水からティーバックを入れて作るよりも、熱湯に入れるほうが美味しく作ることができます。

・水出しでの作り方
→水500mlにティーバックを入れて、そのまま1時間ほど置いておくと、水出しで作ることができます。ただ基本的に、お湯で作っていただく方がおすすめです。

・アイスで飲みたい場合
→200mlくらいの少量のお湯にティーバックを入れて、濃いめに出します。そこに水を加えてお好みの濃さに調節してください。たんぽぽ茶ブレンドの作り方に「水出し可」とありますが、基本的に熱湯を使う作り方がおすすめです。

たんぽぽ茶ブレンドはカフェインレスなので、飲むタイミングを選びません。授乳の前後にも、夜眠る前にも、リラックスタイムのお供に。

もし「たまにはコーヒーでも飲みたい」と思うなら、ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」もおすすめ。ノンカフェインで、原材料はたんぽぽ根のみ。たんぽぽ茶ブレンドと同じような効果が期待できます。

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の効果は?成分・口コミまとめ
ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、タンポポ根から作られたコーヒー風味の飲み物。ノンカフェインなので、母乳育児ママや妊娠中...

ティーライフ「たんぽぽ茶」を購入したレビューと体験談

それでは、ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」を通販で購入してみたレビューと体験談をお届けします。

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

公式サイトで購入をして、翌日の夕方にはもう到着しました。マグボトルセットを注文したので、ダンボール箱でのお届け。配達はゆうパック。

箱のサイズは、たて7×横30.5×高さ14センチ。「お茶・食品、化粧水」という品名で届きます。

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

箱の中身は‥

・たんぽぽ茶ブレンド(ポット用30個入り)
・ステンレスマグボトル
・ミニトマトの種
・特別ご優待券
・小冊子「ぽぽたん倶楽部」
・納品書、チラシ、お礼状など

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

「ティーライフからのプレゼント」ということで、ミニトマトの種が入っていました。「特別ご優待券」は、次回から使えるようで、3000円以上購入で500円引き、5000円以上購入で1000円引き。定期お届けを利用なら、さらに500円引きになります。

「お知り合い紹介キャンペーン」のお知らせもありました。知り合いの方を紹介して、その方が3000円以上買い物をすると、1000円の商品券がもらえるようです。3000円以下の買い物でも500円の商品券がもらえます。

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

こちらが、セットで付いてくるマグボトルです。赤・ピンク・青・白の4色のうちどれかが届くのですが、今回は青色のマグボトルが届きました。マグボトルの品名は「プレミアム マイカフェスリム ダイレクトマグ(パール金属)」参考価格は1296円。

直径6×高さ19センチのスリムタイプ。300ml入ります。Amazonでこのマグボトルの口コミを見たところ、中身が漏れることも無いようで、なかなかの高評価。サイズ感がよく「荷物を少なくしたい人におすすめ」とのことでした。荷物が多いママには嬉しいですね。

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

さて、こちらがたんぽぽ茶ブレンドのティーバック(ポット用)です。ヒモが無いタイプで、中身はたっぷり4g入り。

たんぽぽ茶のティーバックは、ほんのり甘いような、きな粉のような匂いがします。たんぽぽ茶というより‥黒豆茶のような香りです。

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

本来は、このティーバックをそのままポットに入れて作るのですが、中身が気になるので見てみました。黒いポロポロは焙煎した「たんぽぽ根」、茶色いお茶のようなものは「発酵ギンネム」でしょうか。香ばしい匂いがします!

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

こちらはパッケージ裏面です。名称は「野草茶」。
「ノンカフェインですので、お子様、妊産婦、コーヒーを飲むと眠れない方、カフェインを受け付けない方などにおすすめです」とのこと。

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

早速、ティーバックと500mlの熱湯をポットに入れて、作ってみましょう!

色が出るのが早くて、3分で濃い色が出ます。ティーバックの時は、きな粉のような匂いでしたが、お茶にすると麦茶のようないい匂いがします。それでは、いただいてみます!

ティーライフ たんぽぽ茶 レビュー

「クセがなくて飲みやすい」と口コミで聞いていましたが、本当に飲みやすい!サラッとしたお茶で、麦茶に近い感覚。ほんのりとした甘みがあります。

たんぽぽ茶は「クセがあるのでは?」と思っていましたが、これは飲みやすいです。やさしい味わいなので、食事のときにもゴクゴクいけそう。以上、たんぽぽ茶のレビューと体験談でした!

ティーライフ たんぽぽ茶の詳しい説明へ

購入方法について│楽天・Amazonで買える?最安値は?

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」は、薬局・ドラッグストアで市販されていませんが、通販で購入することができます。

通販では、楽天・Amazon・ティーライフ公式サイトで購入することができます。どこで買うと通販最安値で買えるか、比較してみましょう。

楽天価格
・ポット用30個入り 2062円(送料無料)
・お試しサイズ 1080円(送料無料)

Amazon価格
・ポット用30個入り 1856円(送料無料)
・お試しサイズ お取扱いなし

公式サイト価格
・ポット用30個入り+ステンレスマグボトルのセット 2370円(送料無料)
・お試しサイズ 730円(送料無料)

手軽なお試しサイズは、楽天では1080円、公式サイトは730円。最安値で買うなら公式サイトがおすすめ。また、ステンレスマグが付いてくるおトクな値段のセットは、公式サイトでしか購入することができません。

また公式サイトでのお買い物には、お友達紹介割り引きもあります。

ティーライフ たんぽぽ茶 最安値

ティーライフの商品を紹介したお友達が3000円以上お買い物をすると、紹介をしたアナタに1000円分のクーポン券がもらえます。他にもおトクな割り引きやサービスが充実しているので、公式サイトのチェックを。

コスパがよくて美味しい!定評のあるたんぽぽ茶

ティーライフ たんぽぽ茶

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」の成分や効果、値段や口コミなどをまとめてみました。

返品・返金保証がついているので、「思ったような味じゃなかった」という場合も安心です。「半分くらい飲んでしまった」という時でも、30日以内ならOK。しかも返品の送料もかかりません。

ティーライフ たんぽぽ茶 価格

ティーライフのたんぽぽ茶は、1パックたっぷり4g入りと、コスパ最高。たっぷり作って、たっぷり飲めます。作り置きもOK、こまめな水分補給で、母乳もサラサラに。乳腺炎も予防できますね。

母乳をあげられる時期は、そう長くはありません。いま、赤ちゃんと幸せな母乳育児のために。10日分のお試しサイズは730円(送料無料)、30日の返金保証付き!

ティーライフ たんぽぽ茶の公式サイトへ

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする