ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の効果は?成分・口コミまとめ

ティーライフ ぽぽたん

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、タンポポ根から作られたコーヒー風味の飲み物。ノンカフェインなので、母乳育児ママや妊娠中の方に人気です。

タンポポ根には、母乳の出がよくなる効果があると言われますが、実際はどうなのでしょうか。また、気になる「ぽぽたん」のお味は?

カフェインを摂りたくないけど、コーヒーブレイクしたい授乳中ママ・妊婦さんに。ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の効果や成分、口コミなどをまとめてみました。購入してお試ししたレビュー&体験談もご紹介!

ティーライフ ぽぽたんの詳しい説明へ
>ティーライフ ぽぽたんの体験談・レビューはこちら

ティーライフ「ぽぽたん」の効果と成分について

ティーライフ ぽぽたん 効果

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、タンポポ根を焙煎して作られた飲み物です。原料は無添加・無農薬のタンポポ根のみで、カフェインは全く含まれていません。

タンポポ根には、授乳期に不足しがちな鉄分、マグネシウム、ビタミンB2などが豊富に含まれています。「ぽぽたん」を飲むことで、ママにも赤ちゃんにも必要なビタミン・ミネラルを少しずつ補うことができるのです。

タンポポ根の効果・効能

・母乳の分泌の促進
・冷え性の改善
・疲労の回復効果
・不妊の改善
・便秘、消化不良の改善など

「ぽぽたん」は、授乳中ママ・プレママだけでなく、カフェインを控えたほうがいい方にもおすすめです。

副作用は?飲み合わせの注意点は?

それではティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」に、副作用や飲み合わせの注意はないのでしょうか。

「ぽぽたん」の原料はタンポポ根のみ。副作用の心配もなさそうですが、カスタマーサポートに電話でお問い合わせをしてみました。以下、ティーライフさんからの回答です。

・副作用はありませんか?

副作用の心配はありません。「ぽぽたん」と「たんぽぽ茶」を一緒に飲んでも、普通の量を摂取する分には問題はなく、副作用があらわれるような事はないと思われます。

・飲み合わせの注意点は?

「ぽぽたん」と一緒に摂ってはいけない食べ物・飲み物などはありませんが、できればお薬は一緒にお飲みにならない方がいいかもしれません。

薬の成分に影響を与える可能性もあるので、お薬は水か白湯で飲んで下さい。

・ぽぽたんを飲んで、母乳の出がよくなりすぎることはありますか?

「ぽぽたん」を飲んで、極端に母乳が出過ぎてしまう事は考えられませんが、もし「母乳の出が良くなりすぎたかな」と思われたら、摂取を控えるとか、飲む量の調整をしてみてはいかがでしょうか。

・子供に飲ませても大丈夫ですか?

お子さまに飲んでいただくことも可能ですが、できれば1才くらいから、少し薄めて始めていただけたらと思います。

ノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」に、副作用や飲み合わせの注意点などは特に無いようですが、子供にあげる場合は1歳をすぎてから。

飲みすぎることで「母乳の出がよくなりすぎる」というケースは無いようですが、もしおっぱいが出過ぎて困るようなことになったら、飲む量を控えてください。

ティーライフ「ぽぽたん」の値段と成分

ティーライフ ぽぽたん 値段

製品名 たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」
製造販売 ティーライフ株式会社
原材料名 たんぽぽ根
内容量・価格 カップ用お試し‥730円(送料無料)
カップ用30個入り‥1454円(送料無料)
ポット用30個入り+マグボトルセット‥2900円(送料無料)

ティーライフ ぽぽたん

ティーライフ ぽぽたんの公式サイトへ
>ティーライフ ぽぽたんの体験談・レビューはこちら

ティーライフ「ぽぽたん」の口コミと評判

ティーライフ ぽぽたん 口コミ

ティーライフの「ぽぽたん」は、雑誌や芸能人ママのブログでもよく紹介されていますが、実際に愛飲している母乳育児ママの口コミ・評判も気になりますね。大手口コミサイト「アットコスメ」によせられた「ぽぽたん」の口コミや評判を見てみましょう。

すごく良いです!!一人目も二人目も、完母で育てていますが、一人目のときは食事に気を使っていても、何度も白斑ができたり、詰まりそうになったり。

母乳育児がつらい時もありましたが(涙)今回、二人目を出産してすぐに、このたんぽぽコーヒーを飲み始めましたが、一度も詰まったり、白斑になりません!!これにはほんとビックリしています☆

一人目の時には食べられなかったチョコやケーキやお餅も気にせず、食べたいときに食べてしまっています♪(笑)味は、ほうじ茶みたいな香ばしいお茶のコーヒー風味?このお茶に豆乳を少し入れて飲んでいます。ラテみたいでおいしくておすすめです。(エリミーさん)

授乳中にお世話になり始めて、終わった今もずっとリピし続けています☆胃腸にもいいみたいで…胃腸の弱い私にピッタリです。

またこれを切らすと便秘がひどくなるので、そこんとこも助かっています!買いだめしてなくならないように飲み続けています☆手放せないですね~

美味しさは…慣れたら良い◎けど、初めてはクセがありチョイ苦味があって、苦手な人いるかも…☆(酪農牛乳さん)

娘に少しでも美味しい母乳を飲ませてあげたい!と思い、こちらを購入しました。

とても香ばしい匂いがして、母など「何か‥こげている?」と心配したほど。ほんのりカカオの風味もあり、色も黒いので、コーヒーっぽいです。もちろん味は違うのですが、後味が何となく似ています。

飲み始めてから、おっぱいが以前よりちょっと張りやすくなったような‥。母乳が沢山出るようになった気がしています。たまたまかもしれませんが、このまま続けてみようと思っています。(みかん☆人さん)

ぽぽたんを飲みはじめて「便秘が解消した」「お腹の調子がいい」などの口コミも見られました。「妊婦でもママでもないけど、カフェインを摂りたくないから飲んでる」「サンプルをもらって気に入ったから飲んでいる」という方も。

味に関しては「これはこれで美味しいけど、コーヒーではない」「牛乳を入れて飲むほうが美味しい」という口コミが見られました。以上、「ぽぽたん」の口コミと評判でした。

ティーライフ「ぽぽたん」の飲み方・作り方は?

ティーライフ ぽぽたん 飲み方

それでは、ティーライフ「ぽぽたん」の飲み方・作り方を見てみましょう。

「ぽぽたん」の飲み方・作り方

<カップの場合>
1)カップを熱湯であたためておく
2)ティーバッグを入れ、熱湯を湿らす程度に少しかけ、中身を蒸らす
3)適量のお湯を注いで、2分で完成
※好みの濃さになるよう、お湯の量を調整してください

<ポットの場合>
1)ポットにティーバッグを入れ、熱湯600~800mlを注ぐ
2)2~5分ほど、好みの濃さになるまで蒸らす
3)ティーバッグを取り出して、できあがり

参照元:ぽぽたんtealife

カップでもポットでも、美味しい作り方のポイントは同じ。熱湯をティーバッグに少しかけ(湿らせる程度)、十分に蒸らしてから、ゆっくりとお湯を注いで下さい。

また、「ぽぽたん」の作り方のポイントなどを、ティーライフさんに伺ってみました。

「ぽぽたん」の作り方・飲み方のポイント

・「ぽぽたん」もタンポポ茶も、基本的に熱湯で作るのがおすすめです

・アイスで飲みたい場合は、少量のお湯で濃いめに作り、好みの濃さに調節してください

・牛乳を入れると「まろやかな味になる」と好評です。牛乳を入れても「ぽぽたん」の成分には全く問題はありません

・多めに作って冷蔵庫で保存する場合は、早めにお召しあがり下さい

「ぽぽたん」を飲むタイミングについても伺いました。飲むタイミングによって、母乳の出が変わる事はないのですが、「母乳育児の方は、授乳前後の水分補給として飲む方が多いようです」とのことでした。

ノンカフェインなので、夜眠る前のタイミングでもOK。時間を気にせず、どのタイミングでもお飲みいただけます。

ティーライフ「ぽぽたん」を購入したレビューと体験談

それでは、ティーライフの「ぽぽたん」を通販で購入したレビューと感想をお届けします。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

公式サイトで購入をして、2日後に到着しました。お試しセットは封筒で届きますが、今回はマグボトル付きのセットを注文したので、箱でのお届け。配達はゆうパック。

たて7×横30.5、高さ14センチのダンボール箱です。早速、箱を開けてみましょう。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

箱の中身は‥

・ノンカフェインたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」
・ステンレスマグボトル
・小冊子「ぽぽたん倶楽部」
・ミニトマトの種
・納品書、注文用紙、チラシなど

ティーライフ ぽぽたん レビュー

ミニトマトの種は「ティーライフからのプレゼント」とのこと。

また「お知り合い紹介キャンペーン」という割引きがあるようで、紹介した人がティーライフの商品を購入をすると、500~1000円の商品券がもらえるそうです。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

こちらが、セットで付いてくるマグボトル。白・青・ピンク・赤色のうちどれかが届くのですが、白色のマグボトルが届きました!

製品名は「プレミアム マイカフェスリム(ダイレクトマグ300)」容量は300ml、参考価格は1296円です。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

外径6×高さ19センチ。直飲みできるタイプです。飲み口が広いので、中まで洗いやすそうですね。

ダブルステンレス構造で、飲み物の保温・保冷ができます。車の飲み物ホルダーにも入るコンパクトなサイズ。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

持ち歩きによさそうなサイズです。文庫本と比べてみるとこんな感じ。ママバックの中でも場所をとらず、気軽に持ち運べそう。

これくらいのサイズのシンプルなマグボトルが欲しかったので、嬉しいです!

ティーライフ ぽぽたん レビュー

マグボトルでテンションが上がってしまいましたが、こちらがノンカフェインたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」のティーバック(ポット用・6g入り)です。

このティーバック、コーヒーのような匂いはしませんが、香ばしい匂いがします。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

ちなみに、ティーバックの中身はこんな感じ。これが「焙煎されたたんぽぽ根」です。ちょっとインスタントコーヒーみたいな感じですね。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

こちらがパッケージ裏面です。「ぽぽたん」ポット用30個入り。6g×30個で、たっぷり180g入りです。

「ぽぽたん」には、1パック3g入りの「カップ用」と、1パック6g入りの「ポット用」があります。こちらはポット用なので、1パックで600~800mlのたんぽぽコーヒーを作ることができます。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

ティーバックと熱湯をポットに入れて5分ほど蒸らすと、濃い色がでてきました。見た目も香りもコーヒーっぽくなってきたら‥出来上がりです!

ティーライフ ぽぽたん レビュー

熱いうちにいただいてみると‥「コーヒー風味のお茶」という感じ。麦茶のようにサラッとしていて、コーヒーのような苦味と、ほんのりした甘みがあります。酸味はほとんど感じません。

コーヒーとは違う飲み物だけど、飲んでいるうちに何となく慣れます。「焙煎したたんぽぽのお茶」と思って飲むと、香ばしくて美味しいかも。

また、口コミで「牛乳を入れてカフェラテ風にしても美味しい」とあったので、豆乳とメープルシロップを入れて、ソイラテ風にしてみました。

ティーライフ ぽぽたん レビュー

ぽぽたんソイラテ、味がまろやかで美味しい!こちらのほうが「コーヒーを飲んでる感」があります。ちょっと甘い飲み物が欲しいときにいいかも。

「子供でも飲めます」とのことですが、子供がそのまま飲むには少し苦いかな?個人的な意見ですが「ぽぽたん」は子供が好むような飲み物ではなく、コーヒーが好きな大人向けの味だと思います。

もし「子供にも飲ませたい」と思うなら、ぽぽたんよりも「たんぽぽ茶」のほうがいいかもしれません。「たんぽぽ茶」は、芸能人でタレントの小原正子さんも愛飲している母乳育児用のお茶です。

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンド、効果と成分、口コミは?
ティーライフの「たんぽぽ茶ブレンド」は、母乳育児ママに定番のお茶。10万人以上の方に愛飲されている人気のブレンドティーです。 ...

ティーライフ ぽぽたんの詳しい説明へ

購入方法について│楽天・Amazonで買える?最安値は?

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、薬局やドラッグストアで市販されていませんが、通販で購入することができます。

通販では、楽天、Amazon、ティーライフ公式サイトで購入できます。どこで買うと通販最安値になるのか、比較してみましょう。

楽天価格
・カップ用お試し   1000円(送料無料)
・カップ用30個入り 1454円(送料無料)
・ポット用30個入り 2848円(送料無料)

Amazon価格
・カップ用お試し   1000円(+送料)
・カップ用30個入り 1309円(送料無料)
・ポット用30個入り 2848円(+送料)

公式サイト価格
・カップ用お試し   730円(送料無料)
・カップ用30個入り 1454円(送料無料)
・ポット用30個入り+マグボトルセット 2900円(送料無料)

手軽なお試しサイズのお値段は、楽天・Amazonで1000円、公式サイトで730円。お試しサイズなら、公式サイトでの購入が最安値になります。

カップ用(30個入り)はAmazonが最安値になりますが、ポット用(30個入り)を買うなら、公式サイトでの購入がおすすめ。ほとんど変わらない値段で、マグボトルがセットで付いてきます。

ティーライフ ぽぽたん

母乳育児のコーヒーブレイクに「ぽぽたん」を

ティーライフ ぽぽたん

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の成分、効果、口コミなどをまとめてみました。

「ぽぽたん」は、手軽に楽しめるノンカフェイン飲料。鉄分・ビタミンなどが豊富で、便秘解消にも期待大です。母乳育児ママのストレス解消にも役立ちそう。

もし「ぽぽたん」が口にあわなかったら、開封しても30日以内なら返品OK。お試しサイズは730円・送料無料!カフェインを気にせずに、コーヒーブレイクを。

ティーライフ ぽぽたんの公式サイトへ

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする