たんぽぽ茶の比較ランキング!効果・飲み方・口コミまとめ

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根や葉から作られたお茶のこと。生命力の強いたんぽぽから出来るお茶には、さまざまな効果効能があります。

たんぽぽ茶はノンカフェインで、鉄分・ビタミン・ミネラル豊富。母乳の出を促す効果もあることから、授乳期ママに親しまれています。

・たんぽぽ茶の効果や効能、副作用は?
・たんぽぽ茶の作り方・効果的な飲み方は?
・母乳育児ママに人気のたんぽぽ茶は?

たんぽぽ茶の効果的な飲み方や、美味しいアレンジレシピ、選び方や口コミなどについて、まとめてみました!

>たんぽぽ茶ランキングをチェックする

たんぽぽ茶の効果や効能、成分って?

たんぽぽ茶 効果

たんぽぽ茶の原材料となる「たんぽぽ」には多くの効果や効能があり、中国では古くから漢方の生薬としても使われてきました。

たんぽぽ茶は「母乳の出をよくする」効果で知られています。他にもたんぽぽ茶には、授乳期ママにとって嬉しい効果がたくさんあります。

<たんぽぽ茶の効果・効能>

・母乳の出をよくする効果
たんぽぽ茶は、血行を促して母乳の出をよくする効果で有名
母乳量を調整する働きも期待できるので、母乳が出過ぎる分泌過多のママにも効果的

・乳腺炎の予防効果
脂肪を減らす働きから、乳腺の詰まりの予防ができます
血液サラサラになることで、血液と母乳の質が改善されるというメリットも

・むくみの緩和
たんぽぽ茶には利尿作用があるため、むくみの緩和に効果的
体内の老廃物が排出されやすくなるため、便秘の解消にも

・冷え性の緩和
たんぽぽ茶は体を温める作用のある「陽性食品」
血行が促進されることで、冷え性の改善効果も

・ホルモンバランスを整える効果
たんぽぽ茶にはホルモンバランスを整える効果が期待できます
生理痛・生理不順の改善、更年期障害の緩和にも効果的

たんぽぽ根には、カルシウムの吸収を促す「イヌリン」、脂肪の蓄積を予防する「コリン」、母乳の出を促す「タラキサンシン」などの成分が含まれています。

他にもたんぽぽ茶には、疲労回復効果、血圧を下げる効果、血糖値を抑える効果、不妊の改善効果などがあると言われています。

たんぽぽ茶で不妊は改善される?

たんぽぽ茶 不妊

たんぽぽ茶を不妊治療中の女性が飲むことで「妊娠力がアップする」というデータもあります。

たんぽぽ茶が不妊に効果的と言われる理由

・血行を促す働きがある
→子宮・卵巣の血流がよくなることで、着床が安定する

・女性ホルモンバランスを整える
→生理不順を改善、生理周期が整いやすくなることで、妊娠しやすい体に

・冷え症を改善する
→冷えが改善されることで子宮まで栄養が行き渡るようになり、不妊の改善に

たんぽぽ茶には、卵子の質を高める卵胞ホルモン「エストロゲン」を増やす働きがあるとされています。

ビタミン・ミネラルや鉄分も豊富なので、不妊治療とあわせてたんぽぽ茶を飲む妊活中の方も少なくありません。

たんぽぽ茶の副作用・デメリットって?

たんぽぽ茶に西洋薬のような副作用はありません。ただし、たんぽぽ茶には利尿作用があるので、大量に飲むとトイレが近い状態になるというデメリットがあります。

また、たんぽぽ茶には血圧を下げる働きがあるため、低血圧の方は飲み過ぎに注意しましょう。逆に高血圧の方には、血圧を下げる作用のあるたんぽぽ茶がおすすめです。

たんぽぽ茶の作り方・飲み方は?

たんぽぽ茶 作り方

それでは、たんぽぽ茶の作り方や、効果的な飲み方のポイントを見てみましょう。

たんぽぽ茶の作り方・入れ方のコツ

・100度近い熱湯で抽出すること
たんぽぽ茶の有効成分は、熱湯で作ることで十分に抽出されます。たんぽぽ茶を作る際は、必ず熱湯で

冷たいたんぽぽ茶を飲みたいときも「水出し」ではなく、熱湯で作るようにしましょう。少量の熱湯で濃い目にたんぽぽ茶を抽出してから、氷などを入れて冷やして下さい。

ちなみに、たんぽぽを原料とする飲み物はたんぽぽ茶だけでなく、「たんぽぽコーヒー」もあります。コーヒーと言ってもノンカフェインで、たんぽぽ茶と同じような効能があります。

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの違いは?

・たんぽぽ茶
たんぽぽの根や茎などを焙煎したもの、お茶のように煎じて飲みます

・たんぽぽコーヒー
たんぽぽ根を香ばしく焙煎、コーヒーのような風味があります。

味や製法に違いがあるものの、どちらも原料は同じたんぽぽ。たんぽぽコーヒーを作る際も、熱湯で作るようにしましょう。

効果的な飲み方のポイント3つ

それでは、たんぽぽ茶の効果を十分に引き出す飲み方について見てみましょう。

1)できればホットで
体を温めて血流を促すことで、母乳の出もよくなります。たんぽぽ茶はできればホットで飲みましょう。

2)夏でも常温のものを

体を温めるためにはホットで飲むのがいいのですが、夏は冷たいたんぽぽ茶でもOk。それでも冷蔵庫で冷やしたものではなく、常温程度のものを飲むのがおすすめです。

3)こまめに飲む

たんぽぽ茶には利尿作用があるため、一度にたくさん飲むとトイレが近くなります。一度に飲まず、こまめに飲むようにしましょう。

たんぽぽ茶には「1日何杯まで」という制限や、摂取量の目安などは特にありません。カフェインが含まれないので、寝る前に飲んでもOkです。

たんぽぽ茶の飲み方・アレンジレシピ

たんぽぽ茶 飲み方

飲みやすいたんぽぽ茶もあるのですが、メーカーによっては少し苦味のあるたんぽぽ茶もあります。「飲みにくい」と思った時は、たんぽぽ茶をアレンジして飲んでみては。

たんぽぽ茶の飲み方・アレンジレシピ

・黒糖・ハチミツを加えて飲む
・牛乳・豆乳を加えて飲む

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーは基本的に同じ材料から作られています。コーヒーをアレンジするように、牛乳や豆乳、甘味を加えて飲むと、味がグッとまろやかになります。

ただし白い砂糖は体を冷やす作用があるとされるので、黒糖やハチミツがおすすめ。

たんぽぽ茶の選び方の注意点

それでは、たんぽぽ茶を選ぶ時には、何に注意して選べばいいのでしょうか。

・安全性が保証されているものを
→授乳中ママが口にしたものは、母乳を介して赤ちゃんの口にも入ります。「原材料のたんぽぽが無農薬である」など、商品の安全性は十分にチェックしましょう。

・手軽にお試しできるものを
→たんぽぽ茶の味・風味も重要です。母乳育児や妊活のためといえ、自分の苦手な味のお茶だと長続きしません。お試しサイズがあるもの、初回は安く買えるものがおすすめ。

たんぽぽ茶に薬のような即効性はなく、毎日飲み続けることで効果が実感できます。長続きするためには、飲みやすく、続けやすい価格のものを選ぶことも大切です。

母乳育児ママに!たんぽぽ茶4選

それでは、安心して飲める母乳育児ママ用たんぽぽ茶には、どんなものがあるのでしょうか。授乳中ママをサポートするたんぽぽ茶4つをご紹介しましょう。

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」

たんぽぽ茶 母乳

製品名 たんぽぽ茶ブレンド
原材料 たんぽぽ根、発酵ギンネム、黒豆
内容量 40g(4g×10個入り)
価格 730円(送料無料)
販売者 ティーライフ株式会社

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは、無農薬栽培の「たんぽぽ根」に、ビタミン豊富な「黒豆」などをブレンドしたお茶。授乳期に不足がちな鉄分・カルシウムやビタミンが豊富に含まれています。

麦茶のような風味で「飲みやすい」と授乳期ママの口コミでも人気。ノンカフェインで、副作用や飲み合わせの心配もありません。

1パックに4gも茶葉が入っているのもポイント。ティーバック1つでたっぷり500mlのたんぽぽ茶を作ることができます。

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンド、効果と成分、口コミは?
ティーライフの「たんぽぽ茶ブレンド」は、母乳育児ママに定番のお茶。10万人以上の方に愛飲されている人気のブレンドティーです。 ...

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは、薬局やスーパーで市販されていませんが、楽天・Amazon・ティーライフ公式サイトなどの通販で購入することができます。

たんぽぽ茶ブレンドの最安値は?

・公式サイト価格
お試しサイズ 730円(送料無料)
30個入り+マグボトル付きのセット 2370円(送料無料)

・楽天価格
お試しサイズ 1080円(送料無料)
30個入り 2062円(送料無料)

・Amazon価格
お試しサイズ なし
30個入り 1856円(送料無料)

たんぽぽ茶 母乳

手軽なお試しサイズは、楽天でも購入できますが、最安値は公式サイトの730円。送料無料で30日の返金保証付き。公式サイトにはマグボトル付きのおトクなセットもあります。

>「たんぽぽ茶ブレンド」をチェック

ティーライフ「ぽぽたん」

たんぽぽ茶 母乳

製品名 たんぽぽコーヒー ぽぽたん
原材料 たんぽぽ根100%
内容量
カップ用お試しセット(12個入り) 730円
カップ用30個入り 1454円
ポット用30個入り+マグボトルセット 2900円
販売者 ティーライフ株式会社

ティーライフ「ぽぽたん」は、たんぽぽ根を香ばしく焙煎したたんぽぽコーヒー。麦茶のように飲みやすい「たんぽぽ茶ブレンド」より苦味がありますが、牛乳などを加えてアレンジすると、味がまろやかになります。

「ぽぽたん」の原材料は、無農薬のたんぽぽ根のみ。ノンカフェインで、母乳量アップ効果・乳腺予防効果が期待できます。「コーヒーは好きだけど、カフェインは摂りたくない」という授乳中ママにおすすめです。

ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の効果は?成分・口コミまとめ
ティーライフのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、タンポポ根から作られたコーヒー風味の飲み物。ノンカフェインなので、母乳育児ママや妊娠中...

「ぽぽたん」のティーバックは、手軽なカップ用(3g入り)と、ポット用(6g入り)の2種類。ポット用だと、ティーバック1つで600~800mlも作ることができます。

ぽぽたんお試しサイズの最安値は?

・公式サイト価格
カップ用お試し 730円(送料無料)

・楽天価格
カップ用お試し 1000円(送料無料)

・Amazon価格
カップ用お試し 1000円(+送料)

たんぽぽ茶 母乳

お試しサイズは、公式サイトが最安値です。他にも公式サイトではマグボトルが付いてくるセットなどがあります。

麦茶のように飲みやすいものをお探しなら「たんぽぽ茶ブレンド」がおすすめですが、コーヒー好きのママには「ぽぽたん」がおすすめ。

>ティーライフ「ぽぽたん」をチェックする

AMOMA「ミルクアップブレンド」

たんぽぽ茶 母乳

製品名 AMOMA ミルクアップブレンド
原材料
タンポポ(根)、フェンネル、フェヌグリーク
クリーパーズ、レモングラス、ネトル
レモンバーベナ、ジンジャー
内容量 75g(2.5g×30個)
初回価格 925円(送料無料)
2回以降 1758円(送料無料)
販売元 株式会社ボーダレス・ジャパン

AMOMAミルクアップブレンドは、たんぽぽ根をブレンドしたハーブティー。たんぽぽ根の他に、母乳の出を促すと言われる「フェンネル」「フェヌグリーク」などが入っています。

母乳の出を促すオーガニックハーブが8種も入っているので「母乳が出ない」「母乳量を増やしたい」という授乳中ママに最適。

ただ「フェンネル」には独特な風味があるので、飲みやすいお茶を探している方向けではなく、母乳不足が気になる授乳期ママ専用のお茶です。

またフェンネルは妊娠中の女性にとって禁忌(飲んではいけない)ハーブなので、産前は飲まないようにしましょう。妊活中・不妊治療中の方は、フェンネルを摂っても問題ありません。

AMOMA「ミルクアップブレンド」の効果と成分、口コミは?
AMOMAの「ミルクアップブレンド」は、母乳育児専用のハーブティー。赤ちゃんを母乳で育てたいママのためのハーブブレンドです。 ...

ミルクアップブレンドは、薬局やドラッグストアで市販されていませんが、楽天・Amazon・AMOMA公式サイトなどの通販で購入できます。

ミルクアップブレンドの最安値は?

・公式サイト価格
定期初回(定価50%オフ) 925円(送料無料)

・楽天価格
定期初回(定価30%オフ) 1399円(送料無料)

・Amazon価格
通常購入 2000円(送料無料)

公式サイトの定期初回は、定価の半額(925円)で購入可能。定期コースと言っても、いつでも変更・キャンセルできるので、気軽にお試しすることができます。

>AMOMA公式サイトへ

ママナチュレ「たんぽぽ茶」

たんぽぽ茶 母乳

製品名 ママナチュレ たんぽぽ茶
原材料
たんぽぽ末、ルイボスエキス末、プレラリアミリフィカ末、赤ブドウ葉エキス末など
内容量 150g(1回分 5g)
価格
3980円(定期コース)
※定期コースは、6回以上の継続が条件
販売者 株式会社アンビシャス

ママナチュレ「たんぽぽ茶」は、パウダー状に加工されたお茶。水やお湯に溶かすだけで手軽に飲むことができます。たんぽぽ根、ルイボスエキス、赤ブドウ葉エキスなどを配合。

母乳の出を促す効果が期待できる成分に加えて、プエラリアやプラセンタなど、美容サポート成分が配合されている点がメリット。

ママナチュレ「たんぽぽ茶」の効果と成分、口コミは?
ママナチュレ「たんぽぽ茶」は、母乳育児ママをケアするお茶。母乳の出がよくなると言われる「たんぽぽ」に加えて、ルイボス、ザクロ、プラセ...

ママナチュレ「たんぽぽ茶」は、水にもお湯にも溶けやすく、味も美味しいのですが、少々お値段高めなのがデメリット。

店舗でのお取り扱いはなく、ママナチュレ公式サイトのみで購入できます。単品購入・初回お試しなども無く、定期コース(6回以上継続が条件)のみの販売です。

>ママナチュレ公式サイトへ

たんぽぽ茶の比較ランキング!

母乳育児をサポートするたんぽぽ茶を比較・ランキングしてみました!

製品名 たんぽぽ茶 ランキング
ぽぽたん
内容量 40g
(4g×10個)
36g
(3g×12個)
75g
(2.5g×30個)
150g
(1回分5g)
初回価格 730円 730円 925円 3980円
コスパ ×
飲みやすさ
単品購入 ×
返金保証 × ×

授乳中ママにおすすめのたんぽぽ茶は‥

たんぽぽ茶 おすすめ

授乳中ママにおすすめのたんぽぽ茶は、比較ランキング1位の「ティーライフたんぽぽ茶ブレンド」。10万人以上の方に愛飲されているブレンドティーです。

「たんぽぽ茶ブレンド」おすすめポイント

・クセがなくて美味しく、飲みやすい
・1バックの茶葉の量が多く、コスパがよい
・無農薬の原料を使用、安全性に配慮
・産後不足がちな鉄分・カルシウム・ビタミンなどが手軽に摂れる

たんぽぽ茶ブレンドは、1ティーバッグに茶葉が4gも入っています。他のたんぽぽ茶とくらべて茶葉の量が多いですね。1バックで、500mlものたんぽぽ茶を作ることができます。

マグボトル付きのセットもあるので、熱湯とティーバッグ1つを入れておけば、そのままお出かけに持参することもできます。赤ちゃんのお世話に忙しい育児中、この手軽さは嬉しいですね。

たんぽぽ茶ブレンドは何歳から飲める?

・子供が飲むなら1歳から。少し薄めたものから始めましょう
・赤ちゃんや離乳食も始まっていない幼児にあげるのは控えて

比較ランキング1位「たんぽぽ茶ブレンド」の口コミ・評判は?

たんぽぽ茶 口コミ

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」は、多くの母乳育児ママに愛飲されているお茶。育児雑誌だけでなく、子育て中の芸能人ブログにもよく紹介されています。

タレントの小原正子さんも、ブログで「母乳育児を頑張っているママさん、是非飲んでみてくださーい」と紹介しています。

それでは、ティーライフ公式サイトに実際に寄せられた口コミ・評判をチェックしてみましょう。

とにかく香ばしくて美味しい!
すぐに色が出るので、忙しいときでもすぐに作れます。黒豆の風味が香ばしくて、とても飲みやすいです。

授乳中ですが、母乳の出も少し良くなったかも。朝のはじめの1杯でも飲んでいます。体があったまります。(みそしるさま)

思ったよりおいしい
たんぽぽ茶は妊婦さん・ママさん達が飲むものと思ってました。ベビ待ちの私に関係ないわーって思ってました。が!不妊や妊活に効果があるみたい。

色んな会社のたんぽぽ茶がありますが、まずいお茶は飲みたくない。。お試し市場もあったので、温かいイメージのティーライフに決めました。

ブレンドだから飲みやすいのかも。おいしかったので、妊娠&赤ちゃんを夢みて飲み続けてみます(ななちゃんさま)

子宮内膜症が改善
チョコレート嚢腫で手術をした後、また再発で卵巣が肥大化したので、ピルや点鼻薬など病院のお薬を飲んでいましたが、1年間半、全く改善しませんでした。

ネットでたんぽぽ茶が良いと知り、検索したらティーライフのたんぽぽ茶が目に止まりました。

飲み始めたら5cmまで肥大していた卵巣が3か月で3cmまで小さくなり、今では卵巣は正常です。それ以来6年程愛飲しております。同じ病気でお悩みの方にぜひ飲んでいただきたいお茶です。(ナオナオさま)

授乳中ママの「母乳量がアップした」「乳腺炎の予防になる」という口コミだけでなく「子宮内膜症が改善した」という口コミも。「不妊の改善のため」という妊活中の女性の口コミも見られました。

たんぽぽ茶には、ホルモンバランスを整える作用があるため、子宮内膜症や月経前症候群(pms)の改善効果も期待できます。

たんぽぽ茶は妊娠中・授乳期だけでなく、女性の一生に寄り添ってサポートしてくれるお茶なのかもしれません。

母乳育児ママ定番のお茶!「たんぽぽ茶ブレンド」

たんぽぽ茶 母乳

ティーライフは、主に健康茶などを取り扱う「東証一部上場」の通販会社。お届けから30日以内であれば、全ての商品に「返品・返金保証」があります。

もし「美味しくない、口にあわない」と思ったら、開封後でも飲みかけでも返品OK。返送料もティーライフが負担してくれます。

母乳育児ママ定番の「たんぽぽ茶ブレンド」。お試しサイズは初回限定 730円(送料無料)!スムーズな母乳育児のために、気軽にお試しを。

>ティーライフ公式サイトへ

>たんぽぽ茶ブレンドの体験談・レビューはコチラ

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする