母乳黄疸はいつまで続く?自宅で黄疸をケアするヒント

母乳 黄疸 いつまで

「母乳育児だと、黄疸が長引くってホント?黄疸はいつまで続くの?」

生後2~3日経つと、赤ちゃんの肌が黄色っぽくなることがあります。これは「新生児黄疸」と呼ばれるもので、ほとんどの赤ちゃんに起きる症状。通常は1~2週間で収まるので、心配はいりません。

それでも、母乳育児をしていると、この黄疸が長引くケースがあります。これは「母乳性黄疸」と呼ばれます。

この「母乳性黄疸」は、いつまで続くのでしょうか。そして、病院に行く必要があるのはどんなケースなのでしょうか。母乳と黄疸の関係について、まとめてみました。

黄疸とは?原因と症状について

母乳 黄疸 原因

赤ちゃんが生まれて2~3日後に、赤ちゃんの肌や白目が黄色くなってきた場合、「黄疸が出ているから、血液検査でビリルビンの数値をみましょう」と医師から言われることがあります。

「ビリルビン値」などと聞きなれない言葉に「赤ちゃんが、何かの病気なのでは?」と心配になってしまいますね。

ビリルビンとは?

・胎児は酸素を取り入れるために、酸素を運ぶ「赤血球」を多めに持っている
→生後は、自分の肺で呼吸できるため、大量の赤血球は不要になる
→不要な赤血球を分解する際に「ビリルビン」という成分が発生する

黄疸とは、余分なビリルビンが、体内に残っている状態。ビリルビンの色素が黄褐色をしているので、肌が黄色くなるのです。

生後4~5日頃に症状が強くなることもありますが、赤ちゃんの肝臓がうまく働くようになり、ビリルビンが分解されるにつれ、少しずつ消えていきます。

新生児にみられるこの黄疸は、「新生児黄疸」とよばれ、およそ半数の新生児にみられます。この症状には特別な後遺症もなく、およそ2~3週間で少しずつ消えていきます。

母乳黄疸とは?いつまで続くの?

母乳育児をしている赤ちゃん、なかでも完全母乳の赤ちゃんは、生後1ヶ月をすぎてもこの黄疸が消えないケースがあります。これは「母乳性黄疸」と呼ばれます。

・母乳育児で黄疸が長引く原因
母乳に含まれる女性ホルモンが、ビリルビンの分解を妨げてしまうため

・母乳性黄疸は、いつからいつまで?
生後1ヶ月以内にあらわれ、生後3ヶ月くらいには治まると言われています

母乳性黄疸は、病院に行くほうがいいの?

母乳性黄疸は時間とともに徐々に消えていくことが多いのですが、気になることがあれば、早めに医療機関を受診をしましょう。母乳性黄疸ではなく、病的な原因が隠れている可能性もあります。

病的黄疸の原因

・血液型不適合がある場合
・感染症
・消化管閉塞
・代謝異常
・肝臓の難病 など

病的黄疸の場合、生後24時間以内にわかるケースが多いようです。この場合は治療が必要になりますが、授乳を続けることは可能です。

黄疸の原因を調べるため、病院では血液検査をして、ビリルビン値を調べます。症状が長引く原因が母乳によるものかどうか、母乳を一旦止めて様子をみる検査もあります。

母乳を止める検査があるものの、母乳を止めていると、母乳の出が悪くなる恐れもあります。母乳を止める検査をするかどうかは、医師と十分に相談を。

病院での黄疸の治療方法としては、赤ちゃんに「ビリライト」とよばれる光線を当てる「光線療法」が行われます。

家で母乳黄疸をケアするヒント

母乳 黄疸 いつまで

病的な原因の心配がない母乳黄疸の場合、家でできるケアで赤ちゃんの症状を緩和してあげたいものですね。それでは母乳黄疸のケア方法として、どんなものがあるのでしょうか。

1)母乳を頻繁に与える

ビリルビンは便とともに体外に排出されるので、ひんぱんに母乳を与えることは、余分なビリルビンを排出するのを助けます。

黄疸の出た赤ちゃんには、少なくとも1日10~12回は授乳したほうがいいのですが、水を与えると逆効果になります。

引用:「だれでもできる母乳育児」ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル(メディカ出版)p.297

以前は、母乳黄疸のケア方法として「水をあげると良い」と言われていました。しかし最近では、余分に水分を上げても症状は緩和されないということが分かっています。

赤ちゃんに水分をあげると、母乳を飲む量が減ってしまいます。加えて、哺乳瓶で水をあげると、乳頭混乱を引き起こす場合もあります。

お母さんは大変ですが、できるだけ回数多く母乳をあげて、ビリルビンの排出を手助けしてあげましょう。

2)赤ちゃんの肝臓に「こんにゃく湿布」を

妊娠後期にマクリ(紅藻類の1種)という漢方を母親が飲み、お産後は赤ちゃんに飲ませることにより、胎便が早く出て、黄疸を少なくする方法があります。

また、肝臓が解毒処理の臓器なので、こんにゃく湿布法を看護として行いましょう。

引用:「母乳育児お助けBOOK」柳澤薫(新泉社)p.113

赤ちゃんのビリルビンを解毒、処理することを助けるため、赤ちゃんの肝臓の部分に「こんにゃく湿布」をしてあげる方法もあります。

こんにゃく湿布とは

こんにゃくをお湯でゆでて、ほどよい温かさになるようにグルグルとタオルに包み、患部にあてる手当方法

肝臓は、右側の肋骨の下あたりにあります。赤ちゃんにこんにゃく湿布をしてあげる場合、低温やけどをしないよう、十分に気をつけてあげましょう。

母乳性黄疸、いつまで続くか心配だけど‥

母乳 黄疸 いつまで

赤ちゃんの黄疸が続くと、「いつまで続くんだろう」と心配になりますね。心配のないケースにまぎれて、思わぬ難病が原因として隠れている場合もあるので、心配なことがあったら、早めにお医者さんに相談を。

黄疸が出ている間は、母乳の飲み方が少ない赤ちゃんもいます。体重の増加が悪いときはミルクの補充が必要な場合もありますが、体重増加に問題がないなら、母乳を積極的にあげていきましょう。

新生児の時期は、他にも乳児湿疹や乳児脂漏性湿疹など、お肌にトラブルが起きやすい時期。白くツルツルした“赤ちゃん肌”になるまで時間がかかる場合もあります。注意深く、生まれたての赤ちゃんを見守っていきましょう。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする