授乳中のタバコ、母乳への影響は?喫煙するなら授乳をやめるべき?

授乳 タバコ

「授乳中なのに、どうしてもタバコがやめられない‥」

妊娠中・授乳期間中の喫煙は控えるべき‥。そう分かっていても、タバコがなかなか止められない母乳育児ママは少なくありません。

「妊娠中はタバコを我慢していたのに、産後また吸ってしまった」
「喫煙することに罪悪感があるけど、タバコが吸いたくてイライラする」

赤ちゃんや母乳への影響も心配だけど、タバコを吸いたい気持ちも抑えられない‥母乳育児ママの喫煙に対する悩みは尽きません。

・授乳中のタバコは、母乳にどんな影響があるの?
・次の授乳まで時間の間隔を空ければ、喫煙してもいい?
・煙草を止められないなら、母乳育児をやめるべき?

タバコが母乳や赤ちゃんに与える影響や、授乳中ママが煙草を止めるためのヒントなどを、まとめてみました。

授乳中の喫煙、母乳にどんな影響が?

授乳 タバコ 影響

よく知られていることですが、授乳期間中の喫煙は、赤ちゃんの成長・発達に悪影響を与えます。授乳中ママが煙草を吸うことで「乳児突然死症候群(SIDS)」のリスクも高まると言われています。

お母さんがタバコを吸った場合、ニコチンはお母さんの血中濃度よりも母乳中のほうが1.5~3倍高くなり、赤ちゃんは安全でないレベルの一酸化炭素やアレルゲンを吸入し、呼吸器感染症のリスクが増加し、突然死症候群(SIDS)の危険性も上がります。

だから、妊娠したいと思った時点で、お母さんも同居している人たちも禁煙するのがベストです。

引用:「らくちん授乳Book」宋美玄(メタモル出版)p.80

授乳中ママがタバコを吸うと、喫煙した本人の血液中のニコチン濃度よりも、母乳中の濃度の方が高くなってしまいます。そのため、ニコチン濃度が高い母乳を飲んだ赤ちゃんは、突然死や呼吸器感染症のリスクにさらされることになるのです。

また授乳中ママの喫煙は、母乳が出なくなる原因のひとつだと言われています。タバコに含まれるニコチンは血流を悪くするため、母乳の出も悪くなる傾向があります。

授乳中ママがタバコを吸わなくても、まわりに喫煙者がいるだけで、乳児は受動喫煙してしまいます。赤ちゃんのいる場では、誰もが必ず禁煙を。

赤ちゃんがニコチンを摂取すると‥

・不眠になり、夜泣きする
・ぐずる、不機嫌になる
・母乳を吐く
・下痢をする
・乳児湿疹が出やすくなる

授乳中に喫煙すると、ニコチンの影響により乳児が気管支炎・喘息などの呼吸器系の病気になる恐れがあります。またアレルギー性疾患・アトピー性皮膚炎などのリスクも高まります。

授乳中のタバコ、時間の間隔を空けてもダメ?

母乳 タバコ 時間

「ストレス解消に、一本でいいからタバコが吸いたい!」
「授乳まで時間の間隔を空ければ、喫煙しても大丈夫?」

授乳中の喫煙のリスクを理解した上で「それでも、どうしても吸いたい」という場合は、一体どのように対処したらいいのでしょうか。

母乳育児中の喫煙、授乳との間隔をあければ大丈夫?

・血液中のニコチン濃度が最も上がるのは、たばこを吸ったすぐ後の時間です。喫煙した後のタイミングで赤ちゃんに授乳することは、絶対に避けましょう

・喫煙したあと、母乳中のニコチン量はおよそ3~5時間ほどで減少するという報告もあります

どうしても煙草が我慢できないときは「次の授乳まで少なくとも3~5時間は間隔を空ける」ということを目安として覚えておきましょう。

また、乳児がいる場所ではタバコを吸わないこと、喫煙する量を減らすことを徹底しましょう。

授乳中なのにタバコがやめられない‥母乳育児を止めるべき?

授乳 タバコ やめられない

それでは、どうしても禁煙できないママは、母乳育児を止めるべきなのでしょうか。いっそのことミルク育児に切り替えたほうが、赤ちゃんへの害が減らせるのでしょうか。

どうしても煙草がやめられなくても、母乳をあきらめないで下さい。

母親が同じように喫煙者で、母乳だった場合と粉ミルクだった場合で比較すると、母乳育児のほうが急性期呼吸器感染症のリスクが1/7だったという研究があるからです。

引用:「らくちん授乳Book」宋美玄(メタモル出版)p.80-81

タバコがやめられないからと言って母乳育児をあきらめるのではなく、せめて喫煙する量を減らすよう心がけましょう。

また、タバコがやめられない妊婦・授乳中ママのために、「禁煙外来」がある産婦人科(婦人科)もあります。

妊娠中・授乳中は「ニコチンガム」「ニコチンパッチ」などの禁煙補助薬が使用できませんが、禁煙外来なら必要に応じて妊産婦に適した禁煙補助薬などが処方されます。

自分の意志だけでどうしても禁煙できない場合、婦人科の禁煙外来を訪れるのも1つの方法です。

赤ちゃんの健やかな成長のために、減煙を

母乳 タバコ

タバコに含まれる「ニコチン」は、とても依存性の高い薬物。喫煙している期間が長い場合、タバコをきっぱりと止めるのは難しいことかもしれません。

それでも、タバコが赤ちゃんの健やかな成長を妨げてしまうのは明らかなこと。できるだけ煙草の本数を減らし、少しずつ減煙、離煙していくよう心がけて。

母乳育児をする期間は、そう長くはありません。煙草以外のストレス解消法をみつけ、赤ちゃんの健康的な毎日を守ってあげましょう。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする