授乳中でも妊娠することはある?妊娠したら、授乳は止めないとダメ?

授乳中 妊娠

「授乳中は、妊娠しないって本当?」
「2人目を妊娠したら、授乳はやめた方がいいの?」

授乳中は生理がこないため「妊娠しにくい」と言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

また授乳中に妊娠すると、母乳育児がうまくいってるとしても、すぐに断乳・卒乳しないといけないのでしょうか。

・授乳中は妊娠しにくいの?
・母乳育児を続けたいけど、次の子を妊娠したい場合は?
・もし妊娠したら、授乳は続けちゃダメ?

授乳中だけど次の妊娠を考えているママに、あるいは妊娠しても授乳を続けたいママに。母乳育児と妊娠の関係について、まとめてみました。

授乳中は妊娠しにくいの?

授乳中 妊娠しにくい

「授乳中は生理が来ないので、妊娠しない」とよく言われます。確かに生理が再開しないと妊娠はしないのですが、授乳中でも生理が始まることもあり、妊娠することもあります。

授乳中は、おっぱいの分泌を促すホルモン「プロラクチン」が分泌されますが、このプロラクチンには排卵を抑える働きがあります。

催乳ホルモン「プロラクチン」の働き

・排卵を抑える作用があるため、生理の再開が先送りされる

「プロラクチン」が排卵を抑えるため、生理が再開しにくくなり、次の妊娠をしない状態が続きます。

授乳中だけど、妊娠したい時は?

授乳 妊娠 したい

「母乳育児をしていると生理が来ない‥次の妊娠をしたいなら、卒乳した方がいい?」

すぐに2人目の妊娠を考える場合は、母乳育児が順調であっても、断乳・卒乳を急ぐ気持ちになりますね。それでは、母乳育児を続けながら生理の再開を促す方法はないのでしょうか。

母乳をあげながら生理の再開を促すには、排卵を抑える働きのある「プロラクチン」の分泌量を減らすようにすることが効果的です。

プロラクチンの分泌を減らすには

・おっぱいをあげる回数を減らす
・夜間の授乳を止める

授乳の回数を少なくしたり夜の授乳を止めることで、プロラクチンの分泌は抑えられると言われています。プロラクチンの分泌を抑えることで生理が再開すると、2人目を妊娠することもあります。

妊娠初期の授乳はダメ?胎児への影響は?

授乳 妊娠 初期

それでは、母乳育児中に妊娠した場合、妊娠中も授乳を続けることは出来るのでしょうか。授乳中に妊娠すると、産婦人科では「断乳して下さい」と言われることが多いのですが、妊娠中の授乳は胎児にどんな影響を与えるのでしょうか。

ママが赤ちゃんに授乳をすると、母乳を出すために必要なホルモン「オキシトシン」が分泌されます。そして、このオキシトシンには子宮を収縮させる働きがあります。

「オキシトシンが子宮を収縮させると、流産を誘発する恐れもある」という理由で、多くの産婦人科では妊娠中の授乳を推奨していません。しかし、妊娠中の授乳をOKとする意見もあります。

実は、日本国内でも海外でも、妊娠中の授乳の有無で流産率に差が出るという統計はありません。

オキシトシンは確かに子宮収縮の作用を持っていますが、それは臨月の子宮に対してだけなのです。妊娠初期の子宮には影響しないことが分かっています。

ですから、授乳をしててもしていなくても、流産する時はするときはするし、しない時はしない!というのが結論です。

引用:「10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本」こばやしひさこ(すばる舎)p.147

以前までは「妊娠=断乳」と考えられていましたが、今は「順調に経過しているなら、妊娠中・妊娠初期の授乳が流産を招くことにはならない」という意見もあります。特に妊娠初期の流産は、母体側に原因がないことが多くあります。

ただ妊娠中の授乳に関しては、ママの体質や生活環境によって個人差が大きいため、ケース・バイ・ケースになります。切迫流産などの診断がされたときは、子宮の収縮はできるだけ避けたほうがいいため、授乳はストップしてかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

妊娠中に授乳するメリットは

妊娠と授乳の両方を続けるのは大変かもしれませんが、妊娠しながらの授乳にはメリットもあります。

<妊娠しても授乳を続けるメリット>

・授乳を続けることで、上の子供の情緒が安定する
・上の子供の授乳により、乳頭がいいコンディションに保てる
・母乳の分泌が保てるので、次の子の母乳育児がラクに

ママが妊娠すると、上の子供は「ママをお腹の赤ちゃんにとられるのでは」という不安を感じるようになります。その状態で断乳してしまうと、上の子供がひどく赤ちゃん返りをして、ママを困らせることも。

子供にとって、ママのおっぱいは心の拠り所です。妊娠してもおっぱいをあげ続けることで、上の子の情緒が安定し、赤ちゃん返りも軽く済むとも言われます。WHOも「2才までの母乳をあげること」を推奨しています。

また妊娠中に授乳を続けることには、産後にもメリットがあります。新生児がおっぱいをうまく飲めない場合でも、十分な母乳量が維持できているため、スムーズに母乳育児を軌道にのせることができます。

授乳しながらの妊娠、出産‥

授乳中 妊娠 出産

次の赤ちゃんを出産したあとは、もう一度母乳育児が始まります。その際は、必ず新生児への授乳を優先してあげましょう。

小さな赤ちゃん優先なのは原則ですが、左右のおっぱいで上の子供と下の赤ちゃんに同時に授乳してあげる方法もあります。ママのおっぱいを上の子と下の赤ちゃんが分け合って飲むことは「タンデム授乳」と呼ばれています。

母乳は赤ちゃんに吸われることで出がよくなるので、タンデム授乳をすることで、おっぱいの分泌がよくなるというメリットがあります。

<2人同時に授乳するメリット>

・上の子が飲んでくれるおかげで、十分な母乳量がキープできる
・母乳がよく出るので、授乳の時間も短い
・乳腺がしっかり開通しているため、新生児もラクにおっぱいが飲める

新生児に授乳していると「上の子供におっぱいをあげるのが気持ち悪い」と感じることもあります。それは「生まれたばかりの赤ちゃんを守ろう」というママの本能が働くため。自然なことなので、「自分は母性が無いのでは?」と心配になることはありません。

今までママを独占してきた上の子供は、下の赤ちゃんが生まれてくると、少しさびしい気持ちになります。上の子供がおっぱいを欲しがったら、ママの事情が許すかぎり、応えてあげて下さいね。

授乳中の妊娠、体調には十分気をつけて

授乳中 妊娠

ここでは「妊娠中でも授乳してOK」という意見を紹介しましたが、妊娠中ママが授乳を続ける場合、体調には十分に気をつけて。出血があったりお腹の張りがある時は、すぐに授乳を控えて様子をみましょう。

妊娠中の授乳に関しては、子供の月齢やママの年齢などによって、大きな個人差があります。妊娠と授乳を並行しても大丈夫なケースもあれば、授乳を止めたほうがいいケースもあります。不安な点は妊婦健診でよく相談してみましょう。

子供にとって、ママのおっぱいは大事な安らぎの場です。妊娠のために上の子を卒乳する場合、いつも以上の愛情を注いで、子供を安心させてあげて下さいね。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする