母乳の保存方法って?冷凍・冷蔵のコツと解凍方法、保存期間について

母乳 保存

母乳育児をしていると、何らかの理由で赤ちゃんに直接授乳ができないこともありますね。そんな時のために、母乳を搾乳して保存しておくと便利です。

母乳を冷蔵・冷凍保存しておけば、ママの体調が悪い時にも、誰かに預けることになった時にも、赤ちゃんに母乳をあげることができます。

ママの母乳は栄養たっぷり。雑菌を繁殖させず衛生的に保存するためには、どんなポイントに気をつければいいのでしょうか。

・母乳を安全に冷蔵・冷凍保存する方法は?
・冷凍した母乳の解凍方法は?
・冷蔵・冷凍した母乳の保存期間は?

冷蔵・冷凍保存した母乳は、母乳育児の頼もしい味方!保存のコツや保存できる期間などについて、ご紹介しましょう。

母乳の保存方法について

母乳 保存 方法

母乳は冷蔵・冷凍保存することができるため、母乳を搾乳して保存したものがあると便利です。解凍方法に気をつければ、母乳に含まれる成分が変質することもありません。

万が一ママが病気になった時のためにも、保存母乳のストックがいくつかあると安心です。職場復帰をしても母乳育児を続けたいママは、保存した母乳を保育園で飲ませてもらうようお願いすることもできますね。

母乳を搾乳・保存しておくと、こんなとき便利

・新生児がまだうまく母乳を飲めないとき
・ママの乳首に傷ができ、授乳のたびに痛む時
・何かの用事で、ママと赤ちゃんが離れるとき
・ママの病気などで、授乳ができなくなったとき
・職場復帰しても、母乳育児を続けたい時

赤ちゃんが乳房内のおっぱいを飲みきれなかった時や、片方のおっぱいしか飲まなかった時などは、乳房内に残った母乳を搾乳して保存しておきましょう。

授乳のあとにも母乳が乳房内に残っていると、新しい母乳が作られにくくなるだけでなく、乳腺炎などのトラブルを引き起こすことがあります。母乳育児を順調に続けるためにも、授乳後は搾乳して、乳房をクリアにしておいて。

授乳後に搾乳する場合は、おっぱいの張りがなくなる程度まで搾ればOK。正しく保存すれば、ストック母乳として役立ちます。それでは、搾乳のやり方や、冷蔵・冷凍保存する方法について、具体的に見てみましょう。

母乳を搾乳する方法は?

母乳 搾乳 保存

母乳を搾乳する方法には、手で搾る方法と「搾乳器」を使う方法があります。手で搾乳する際は、一回でたくさんの量は搾れないことも多いので、何回かにわけて搾乳するといいでしょう。

正しいやり方で搾乳すれば、痛みを感じないはずです。血流がよいと母乳の出がよくなるので、搾乳前に乳房を温タオルなどで温めておくと効果的です。

手で搾乳する方法

1)手をきれいに洗っておきます。乳頭の消毒は自然な皮脂を取り去ってしまい痛みの原因になるので行いません。快適な姿勢をとり、片手でコップなどの清潔な容器を乳首の下にもっていきます。

2)親指を乳首の上側、人差し指が下側になるように、乳頭からそれぞれ2cmくらい離れたところに添えましょう。

3)指に力を入れ、乳輪の下にある乳管の部分を1~2cmほど圧迫して搾乳します。いきなり大量には出ませんから、力を入れたり緩めたりを繰り返して下さい。

4)指の位置を変えたり、角度を変えたりして、まんべんなく圧迫します。乳首をつねったり、皮膚をこすったりしないように注意しましょう。

5)母乳が出て来るまで数分かかる場合もあります。初めはポタポタでも、射乳反射が起きると飛沫のように出てきます。片方が終わったら、もう片方も同じようにします。全部で30分以内が目安です。

引用元:「らくちん授乳Book」宋美玄(メタモル出版)p.48

手で搾乳するなら道具もいりませんが、もし搾乳する機会が多いなら「搾乳器」を使ってもいいでしょう。搾乳器には、手動式のものと電動式のものがあります。

国内のメーカーでは「ピジョン」と「メデラ」の搾乳器が有名です。ピジョンの搾乳器は小型で携帯に便利。一方「メデラ」の搾乳器は大型で高価ですが、レンタルすることもできます。

母乳を保存する容器は?

母乳を保存するための容器には、清潔な哺乳瓶か、市販の「母乳パック」などを使うようにしましょう。

冷蔵する場合は哺乳瓶のまま保存できますが、冷凍する場合は、ジップ付きで密封できる「母乳パック」が便利です。

ジップ付きのパックには「ジップロック」などもありますが、母乳パックの代用として使うことはできません。ジップロックはあくまでも食品用の袋なので、滅菌された母乳パックを使うようにしましょう。

母乳 保存 容器
画像引用元:https://products.pigeon.co.jp/

母乳育児ママには、ピジョンの「母乳フリーザーパック」などが人気。滅菌済みなので衛生的です。40ml・80ml・160mlの3種類があります。

母乳の保存期間は?

搾乳した母乳は、短時間なら常温で保存することもできます。清潔な容器に密封した場合、常温で約4時間はもつと言われています。

常温保存も可能ではありますが、冷蔵庫がある環境なら、冷蔵庫で保存するほうが安全でしょう。また暑い季節は、すぐに冷蔵庫に入れるほうがベター。

母乳を常温・冷蔵・冷凍で保存する際は、それぞれ消費期限が異なります。

母乳の保存期間は?

・室温‥ 4時間以内
・冷蔵‥24時間以内
・冷凍‥ 1ヶ月以内

引用元:「母乳育児ミルク育児の不安がなくなる本」渡辺 とよ子(主婦の友社)p.21

消費期限が分からなくならないように、母乳を冷蔵・冷凍する際は、必ず搾乳した日をバックに書いておくようにしましょう。

母乳を「冷蔵保存」する場合

母乳 冷蔵 保存

母乳を冷蔵で保存できる期間は、24時間以内だと言われます。搾乳した母乳をその日のうちに赤ちゃんにあげるなら、冷蔵庫での保存でOK。

もしも母乳を1日以上保存する場合は、冷蔵ではなく冷凍して保存しましょう。

冷蔵保存のコツ

・衛生を保つため、冷蔵庫内に「母乳専用の置き場」を作る
・冷蔵庫のドアポケットは温度変化が大きいため、奥に入れる
・保存期間をすぎたものは、冷凍せずに捨てて

冷蔵母乳は、人肌くらいの温度(40度くらい)に湯煎してから赤ちゃんにあげましょう。母乳の成分が壊れるので、電子レンジでの加熱は控えて。

飲み残しは再び冷蔵せず、捨てるようにして下さい。また混合栄養の場合、母乳とミルクを混ぜあわせて与えないようにしましょう。

母乳を「冷凍保存」する場合

母乳 冷凍 保存

冷凍保存した母乳の保存期間は、およそ1ヵ月。衛生的な「母乳パック」に入れて保存するのがおすすめです。

哺乳瓶でも冷凍保存はできるのですが、フタをして密封する必要があります。乳首をはずして保存用の哺乳瓶キャップを付けましょう。

また母乳パックでも哺乳瓶でも、搾乳した日付を書いておくのを忘れずに。

冷凍保存のコツ

・母乳パックやジップロックなど、密封できるものに入れる
・温度変化の少ない冷凍庫の奥に保存する
・飲み残しは捨てるので、1度に飲める量に小分して冷凍する

搾乳したらすぐに冷凍するのがポイントです。パックの場合、空気を抜いてコンパクトなサイズにして、冷凍庫の奥に保管しましょう。

冷凍母乳を解凍する方法は?

母乳 解凍

冷凍保存した母乳を解凍する時は、室温で自然解凍(あるいは流水で解凍)を。電子レンジや熱湯での解凍は、母乳に含まれる成分や免疫物質などが壊されるので止めましょう。

解凍できたら、40度以下のぬるめのお湯で湯煎して温めます。人肌くらいの適温になったら、赤ちゃんに授乳してあげましょう。

解凍後の注意点

・解凍した母乳は、24時間以内に赤ちゃんに与える
・一度解凍した母乳は、再び冷凍しない。
・飲み残しは捨てるようにする

解凍した母乳を置いておくと、脂肪分が分離してしまうことがあるので、その際はよく振って均一にしてから赤ちゃんにあげるようにしましょう。

冷蔵・冷凍保存した母乳を持ち運びする時は?

冷蔵・冷凍した状態の母乳を持ち歩くときは、保冷剤を入れた保冷バック(クーラーバック)に入れて下さい。また解凍、湯せんなどは、赤ちゃんに授乳する場所で行うようにしましょう。

持ち運ぶ際の持ち物リスト

・冷蔵(あるいは冷凍)母乳
・哺乳瓶
・解凍・湯せん用のお湯
・解凍・湯せん用の容器

お湯は保温ポットに入れておきましょう。また湯せん用の容器は、哺乳瓶が入る大きさのタッパーやマグカップがおすすめ。

「持ち歩いたけど結局飲まなかった」という場合は、安全面を考えて、飲ませないで捨てるようにして下さい。

また、完全母乳の赤ちゃんは哺乳瓶から飲むことを嫌がるかもしれません。せっかく搾乳・保存した母乳を飲んでくれないと困るため、哺乳瓶から飲むことにも慣れさせておきましょう。

手軽なミルクに頼りたくないママに

母乳 保存

母乳を冷蔵する場合、哺乳瓶のまま保管できるので手軽ですが、24時間以内に赤ちゃんに与えなくてはいけません。

冷凍する場合、1ヶ月まで保存できるのはメリットですが、解凍する手間がかかってしまいます。冷蔵か冷凍か迷ったら「その日のうちに飲ませるかどうか」を考えてみましょう。

職場復帰で母乳育児をあきらめたくないママにも、ミルクには頼りたくないママにも、保存した母乳は頼もしい味方になってくれるはずです。無理なく楽しい母乳育児を。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする