授乳中の頭痛、頭痛薬を飲んではダメ?授乳中でも飲める頭痛薬は?

授乳 頭痛

「頭痛がひどいけど、ゆっくり休めない‥授乳中に頭痛薬を飲んではダメ?」

授乳中は頭痛がしても、母乳への影響が心配で、頭痛薬を飲むことをためらってしまいますね。

それでは授乳期間中は、頭痛薬を飲んではいけないのでしょうか。また授乳中の頭痛には、どう対処したらいいのでしょうか。

・頭痛薬を飲んだら、授乳してはいけないの?
・市販の頭痛薬で、授乳中OKのものはある?
・母乳育児中の頭痛、どう解消したらいい?

長引く頭痛に悩まされているママに。授乳期間中によく処方される頭痛薬や、頭痛を緩和するセルフケア方法などについて、まとめてみました。

授乳期間中は、頭痛薬を飲んではダメ?

授乳 頭痛 薬

忙しい子育て中、頭痛に悩まされることはありませんか?
出産前から頭痛持ちだったママも、頭痛はほとんどしなかったママも、産後になってひどい頭痛がすることがあります。

母乳育児中は夜も授乳があり、十分に休むことができません。睡眠不足やストレス、体の疲れなどは、頭痛を引き起こす原因になります。産後のホルモンバランスの乱れや骨盤のゆがみ、肩こりなどの影響もあるでしょう。

「授乳中でなければ頭痛薬を飲むんだけど‥」
母乳への影響を考えて、服薬を控えるママも多いのですが、授乳中の頭痛薬は全くダメなのでしょうか。

授乳中よく処方される頭痛薬とは

授乳中ママが頭痛で病院を受診すると「カロナール」という薬がよく処方されます。

「カロナール」は、乳児の解熱剤としてもよく使われる薬です。カロナールの有効成分「アセトアミノフェン」は胃の副作用が起きにくく、赤ちゃんでも授乳中ママでも服用OKとされています。

「カロナール」は小児科で処方してもらうことができる薬です。赤ちゃんが小児科を受診した際に、ママの頭痛について先生に相談してみるのも1つの方法です。

授乳中の頭痛薬、市販のものを飲んでもいい?

授乳 頭痛 薬 市販

なかなか病院に行く機会もない場合、市販の頭痛薬に頼りたくなりますね。しかし市販の頭痛薬には、授乳中は控えたいものもあるので注意が必要です。

授乳中でも母乳に影響が少ないと言われる市販薬には「タイレノール」があります。タイレノールはカロナールと同じく「アセトアミノフェン」を有効成分としています。

市販薬のイブやバファリン、ロキソニンは飲んでも大丈夫?

「イブ」「イブA錠」は?
→有効成分に「イブプロフェン」が含まれるため、服用の際には医師・薬剤師への相談が必要です

「バファリン」「ロキソニン」は?
→授乳期間中は服用を控えるように推奨されています

大人用のバファリンは種類によって「アスピリン」「イブプロフェン」などの成分が含まれます。ただし「小児用バファリン」は、有効成分がアセトアミノフェンのみです。

母乳への影響の少ない頭痛薬の飲み方

母乳 頭痛 薬

授乳期間中に頭痛薬を飲むなら、できるだけ母乳への移行が少ない飲み方をしたいものですね。授乳と頭痛薬を飲むタイミングを調整すれば、母乳への影響を減らすことができます。

一般的に、薬は服用後約30分すると血中濃度が上昇し、約3時間で低下します。この原理からすると、服用後3時間以内の母乳は薬剤の影響が考えられます。

産後早期ならば薬服用のタイミングは授乳30分以内がよく、授乳前には搾乳して、たまっている母乳を出します。産後2~3ヶ月移行であれば、授乳直後の服用がよいでしょう。

薬の血中濃度は次の授乳までがピークになり、影響は少なくてすみます。

引用元:「桶谷式 母乳で育てる本」桶谷式乳房管理法研鑽会(主婦の友社)p.134

頭痛薬を飲んだあと、薬の血中濃度が上がるのは服用およそ30分後、低下するのがおよそ3時間後だと言われています。

そのため頭痛薬を飲むタイミングは、授乳直後がベスト。頭痛薬を服用したあと、できるだけ次の授乳までの時間を空けることで、母乳への影響を抑えることができます。

頭痛薬に頼らずに頭痛を改善するには

授乳 頭痛 改善

頭痛には大きく分けて「片頭痛(へんずつう)」「緊張型頭痛」などの種類があり、頭痛の種類によって対処法が異なります。

<片頭痛>
・ズキズキとした痛みがある
・痛みがひどく、吐き気がすることもある
・普通に生活するのも難しいほど痛む場合も

<緊張型頭痛>
・頭や首筋が締め付けるように痛む
・めまいやだるさを伴うことも
・普通に生活できない程の頭痛ではない

それでは授乳中ママを悩ませる「片頭痛」「緊張型頭痛」には、どのような対処法が効果的なのでしょうか。

片頭痛の対処法

片頭痛では、日常生活が送れないほど頭が痛むことがあります。忙しい授乳期間中ですが、片頭痛が起きたときは、できるだけ安静にして休むことが大切です。

血管が拡張することで頭痛が悪化するため、入浴や運動は控え、痛む部分を冷やしましょう。

片頭痛をケアするためには、ストレスや疲れをためず、こまめに休息をとるよう心がけて。また、チーズやチョコレート、アルコールなどは痛みを悪化させるので控えましょう。

緊張型頭痛の対処法

緊張型頭痛は、血行を促すことで痛みが和らぎます。入浴したり軽く運動をすることで、痛みが緩和されることもあります。ぬれタオルを電子レンジで1分ほど温めて「温タオル」にして、後頭部や首を温めてみるのも効果的。

また緊張型頭痛には、漢方薬の「葛根湯」が鎮痛剤の替りに使われることもあります。葛根湯の生薬である「葛根」には、首や肩の緊張をゆるめる働きがあると言われています。

葛根湯は「乳腺炎」のケアにも使われる漢方薬で、授乳でも服用OKなお薬。緊張型頭痛や乳腺炎のケア用に、ひとつ常備しておくのもおすすめです。

自然な方法で頭痛のケアを

授乳 頭痛

母乳育児中でも飲める頭痛薬もありますが、授乳中はなるべく薬の服用を控えたいもの。できれば自然な方法で頭痛を緩和させたいものですね。

即効性はありませんが、頭痛を自然にケアするためには「マグネシウム」を含む食材を摂るとよいと言われています。ストレス解消・疲労を回復する効果も期待できます。

マグネシウムを豊富に含む食品

・ナッツ類・・アーモンド、カシューナッツ、ひまわりの種など
・大豆製品・・きな粉、木綿豆腐、納豆など
・海藻類・・・あおさ、焼き海苔、わかめなど
・魚介類・・・干しエビ、するめ、煮干しなど
・穀物類・・・小麦胚芽、ポップコーンなど

ナッツ類や大豆製品などは、忙しい授乳期間中でも手軽に摂ることができますね。

ストレスがたまると甘いお菓子が食べたくなりますが、ナッツやポップコーンなどのヘルシーおやつで、頭痛のケアをしてみて!

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする