授乳のたびに乳首が痛い‥!痛みの対処法は?胸が腫れて痛い時は?

授乳 痛い

「授乳中、乳首の痛みがホントに辛い!」

赤ちゃんに授乳をしていて「痛い!」と思ったら、乳首が切れていた‥そんなことはありませんか?痛いからといって母乳育児を止めるわけにもいかず、授乳の時間が辛くなりますね。

乳腺炎で胸が痛かったり、乳房にしこりが出来たり、歯が生えてきた赤ちゃんに乳首を噛まれたり‥授乳中ママはこんな痛みをガマンするしかないのでしょうか。

・授乳中、乳首が切れて痛い時の対処法は?
・乳腺炎で胸が腫れて痛い時は?
・授乳中にできる痛いしこりの解消法は?

「乳首が痛くて、授乳の時間がツラい!」という母乳育児ママに。乳頭を傷つけないためのヒントや、痛みの対処法などについて、まとめてみました。

授乳後、乳首が切れて痛い‥

授乳 乳首 痛い

授乳する際、赤ちゃんの「抱き方」や「乳首のくわえさせ方」がうまく出来ていないと、吸い方が浅くなり、乳首が切れてしまうことがあります。

授乳の時、赤ちゃんが乳首の先だけをくわえて吸っていませんか?

赤ちゃんが乳首を浅くくわえていると、ママの乳首に負担がかかって痛いだけでなく、乳頭が傷だらけになってしまいます。乳首の先に血豆や水泡ができて、激痛がすることもあります。

乳児が上手に乳首に吸い付けていないサイン

・赤ちゃんが吸う時、チュッチュッという音がする
・授乳の際に、赤ちゃんのほっぺがへこむ
・授乳後の乳首が、つぶれて変な形になっている

授乳後の乳首に痛みを感じる場合、赤ちゃんが正しくおっぱいに吸い付けていない可能性が大。正しい授乳ポジションで、乳首を深くくわえさせてあげましょう。

上手に吸い付かせるためには、赤ちゃんが大きく口を開けたタイミングで、しっかりと奥まで乳首をくわえさせることがポイントです。

授乳 乳首 痛い

もし乳房の張りが強くて赤ちゃんが吸い付きにくそうな場合は、授乳前に少し前搾りをして、乳首を柔らかくしておきましょう。

授乳のポジションも大切!

乳首のくわえさせ方だけでなく、授乳のポジションも大切です。乳首に負担のかかる授乳姿勢にならないように注意しましょう。

乳首に負担のかかる授乳姿勢

おっぱいを飲ませるときには、ママと赤ちゃんの胸が向かい合わせになるように抱き、乳首に対して赤ちゃんの口が正面から交わることが大切です。

斜めからだと、乳首を浅く吸う原因になり、うまく飲めなかったり、乳首に傷がつく原因になります。

赤ちゃんの耳・肩・腰のラインがまっすぐになるように抱いてあげましょう。赤ちゃんの体を上向きに抱いて、顔だけ横向きにすると、赤ちゃんの体がよじれて飲みにくくなります。

引用元:「出ない!痛い!わからない!母乳のお悩み解決BOOK」p.115

浅飲みにならないためには、乳首と赤ちゃんのお口が真正面からしっかりと向き合う授乳姿勢をとることが大切です。

授乳ポジションにはいろいろありますが、赤ちゃんの飲み方のクセや、お母さんの胸や乳頭の形やサイズなどによって、最適な授乳の体勢は変わります。

授乳の時に、どの体勢での授乳方法が合うのか、プロの助産師さんに見てもらってアドバイスしてもらうのもいいでしょう。

母乳のあげ方・飲ませ方のコツは?新生児にラクに授乳するヒント2つ
「まだ小さな赤ちゃん。上手な母乳のあげ方・飲ませ方が分からない‥」 新生児の赤ちゃんはまだ母乳がうまく飲めないため、授乳をする...

乳首を消毒する必要はナシ!

また授乳前に、乳輪部分を清浄綿で拭いていると、皮膚が乾燥して乳首が切れやすくなる原因になります。

乳輪や乳首は、常在菌の働きで自然に清潔に保たれるようになっているので、授乳前に消毒する必要はありません。

お風呂に入った時も、乳首はお湯で流すだけで十分。石鹸で洗うと、乳首を保護している油分まで落ちてしまうので要注意です。

痛い乳首の対処法は?痛み止めの薬は?

授乳 乳首 痛い 薬

>ランシノーを楽天で見てみる
>ランシノーをAmazonで見てみる

乳首の痛み止めの薬としては、「ランシノー」がおすすめ。「ランシノー」とは、羊からとれる純度の高いオイル(ラノリン)から作られた塗り薬です。

「ランシノー」という製品は、母乳育児をしているお母さんのための、特別に作られた純粋で安全なラノリンです。(中略)

痛んだり裂けたりしている乳首を治すためには、毎回授乳後に軽くやさしく乳首をふいて、小豆粒ほどの量のランシノーを清潔な指に取り、2本の指で軟らかくしてから乳首につけます。

やさしくのせるようにし、こすりつけたりしないようにしましょう。

引用:「だれでもできる母乳育児」ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル(メディカ出版)p.122-123

授乳のあと、乳首の痛みが気になる部分にランシノーを塗ってみましょう。しっとりと皮膚に残って、天然の絆創膏のように傷をカバーしてくれます。

天然成分からできた保湿剤なので、授乳の前に拭き取る必要もありません。そのまま授乳してOK!乳首に痛い白斑ができた時にも効果的です。

授乳中とにかく痛い「白斑」の治し方は?対処法と母乳育児のコツ3つ
「乳首に白いものができて、痛い!これって、白斑?」 授乳のたびに乳首のあたりが痛いと思ったら、白いポツンとしたものができていた...

噛まれて痛い時は?

赤ちゃんが「母乳が美味しくない」と思った時や、歯が生え初めてむずがゆい時、ママの乳首を噛むことがあります。

そんな時は、赤ちゃんに大声で怒ったりせず、低い声で「噛んではダメ」「おっぱいが飲めなくなるよ」と注意しましょう。

噛まれた傷が痛い時は、乳首が切れた時と同じように、ランシノーなどで処置を。また美味しい母乳が出るように、食生活を工夫してみることも大切です。

母乳が「まずい」時の赤ちゃんのサインは?まずい母乳の原因と対処法
「赤ちゃんが母乳を嫌がる‥もしかして私のおっぱいって、まずいの?」 授乳しようとしても、赤ちゃんが母乳を飲まない、飲ませようと...

乳腺炎で胸が腫れて痛い時は

授乳 痛み

母乳育児中、おっぱいが赤く腫れてズキズキと痛み、熱が出たり頭痛がする‥そんな時は「乳腺炎」の疑いがあります。

乳腺炎は、よくある授乳中のおっぱいトラブルのひとつ。授乳間隔が空きすぎて母乳がたまったままだったり、高カロリー・高脂肪な食生活を送っていたり、母乳の飲ませ方が悪かったりすることで引き起こされます。

授乳 痛み

乳腺炎になったら、痛みをガマンせず、早めに医療機関の受診を。助産院で「おっぱいマッサージ」をしてもらうことも効果的です。

乳腺炎のケア方法

・医療機関を受診する
・助産院でおっぱいマッサージなどを受ける
・赤ちゃんに頻繁に母乳を飲んでもらう
・低カロリー・低脂肪な食事を心がける
・体を冷やさないようにする
・こまめに休息をとる

乳腺炎を予防するためには、体を温め、適度に補給をすることが大切です。乳房内にたまった母乳の出を促す効果のある「たんぽぽ茶」を飲むこともおすすめです。

たんぽぽ茶は「母乳がよく出るお茶」として知られていますが、乳腺炎の予防効果、母乳の質を上げる効果、血液をサラサラにする効果などでも有名です。

たんぽぽ茶は母乳育児にいい?人気のたんぽぽ茶の効果・飲み方・口コミは
たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根や葉から作られたお茶のこと。生命力の強いたんぽぽから出来るお茶には、さまざまな効果効能があります。 ...

胸にしこりが出来て痛みがある時は?

授乳中ママの胸に「しこり」が出来て、熱っぽく痛いということもあります。

赤ちゃんが飲み残した母乳が詰まってしこりになることもありますが、ズキズキと痛い場合、乳腺炎の初期症状である可能性があります。

しこりが痛い時は、乳腺炎と同じようなケアをして、早めに対処するようにしましょう。

授乳中のしこりが取れない時は?しこりが痛い時の対処法5つ
「授乳中、胸にしこりが出来て、とにかく痛い!」 「胸のしこりが取れない‥痛くないけど、不安」 母乳育児中、乳房や脇の下に「し...

痛い時はガマンせず、適切なケアを!

授乳 痛い

赤ちゃんが乳首を吸う力は意外と強いもの。油断しているとすぐに乳首が傷だらけになってしまいます。デリケートな乳首を痛めないためにも、「ランシノー」などの保湿剤でケアを。

赤ちゃんに正しい姿勢で飲ませてあげることも大切です。授乳のポジションとくわえさせ方を工夫して、乳首の負担を減らすようにしましょう。

乳首が切れた場合も、乳腺炎やしこりができて痛い場合も、ママは痛みをガマンしないで!保湿したり、助産師さんの助けを借りたりして、痛みを和らげるケアをしましょう。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする