授乳間隔について│新生児・生後1・2・3ヶ月の授乳間隔の目安は?

授乳 間隔

「授乳したばかりなのに、また赤ちゃんが母乳を欲しがって泣いてる‥」

新生児~生後1ヶ月の赤ちゃんは授乳の間隔が短く、授乳後すぐにまた母乳を欲しがることも少なくありません。

母乳育児ママは1日中、常におっぱいをあげているような状態。「授乳間隔ってこんなに短いもの?」「もしかして、おっぱいが足らないの?」と不安になってしまいますね。

・新生児、生後1・2・3ヶ月の授乳の間隔は?
・授乳の間隔があかない時はどうしたいい?
・よく寝る赤ちゃん、授乳間隔が長い時は?

スムーズな母乳育児のために。新生児、生後1・2・3ヶ月の授乳間隔の目安や、間隔があかない時の対処法など、まとめてみました。

授乳の間隔が全然あかないのはナゼ?

授乳 間隔 あかない

新生児・生後1ヶ月くらいの赤ちゃんは、まだ胃が小さく消化器官も未熟なため、一度にたくさんの母乳を飲んでも消化できません。そのため、少量のおっぱいを頻繁に欲しがります。

赤ちゃんがおっぱいを欲しがってばかりいると「母乳不足かも?」と心配になりますが、この時期の赤ちゃんが短い間隔で母乳を欲しがるのは自然なことです。

母乳はミルクに比べて消化がよいため、1時間くらいで消化吸収することができます。少量飲んですぐに消化、ということの繰り返すので、間隔がなかなかあかないのです。

授乳時間について│新生児、生後1・2・3ヶ月の授乳時間の目安は?
「うちの赤ちゃん、授乳時間がとにかく長い‥」 赤ちゃんが母乳を飲むペースはさまざま。授乳時間が長い赤ちゃんもいれば、短い時間で...

新生児・生後1ヶ月の授乳間隔の目安とは

授乳 間隔 新生児

「新生児・生後1ヶ月の赤ちゃんには、3時間おきに授乳してあげましょう」と指導する産院などもありますが、それは母乳よりも消化に時間がかかるミルクの場合。

母乳はミルクよりも消化がよいので、赤ちゃんはもっと短い間隔でおっぱいを欲しがります。母乳育児の場合、赤ちゃんが母乳を欲しがるタイミングで欲しがるだけ授乳してあげましょう。

「授乳の間隔について」

本書の中で、私達は繰り返し「2、3時間おきにおっぱいを飲ませましょう」とお話ししてきました。その理由は、この間隔が赤ちゃんの食欲の波と重なることが多いからです。(中略)

でも、1日に何回おっぱいを飲ませなさいとは言えません。赤ちゃんによっては、2時間おきではお腹がもたない子もいます。また、夜はかなり寝てくれる赤ちゃんもいます。

「2、3時間おきに」という表現よりも「1日24時間に、新生児は10~12回おっぱいを飲みます」と言ったほうが安心できる人もいることでしょう。前回の授乳から何時間たったかといった考え方にとらわれる必要はありません。時間を気にしないで授乳しましょう。

引用:「だれでもできる母乳育児」ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル(メディカ出版)p.73

母乳育児は、赤ちゃんが欲しい時に欲しいだけあげる「自律哺乳」が基本です。「○時間おきに授乳」という目安にとらわれず、赤ちゃんの様子を見て、こまめに母乳をあげましょう。

母乳は赤ちゃんがママの乳頭を吸う刺激で作られるため、何度も授乳するうちにおっぱいの出もよくなります。

新生児・生後1ヶ月の頃、ママは授乳に追われて大変ですが、母乳育児をスムーズに進めるためには、授乳の間隔があけないことが大切です。

授乳の間隔があまりにもあかない場合は?

母乳育児は、赤ちゃんが欲しがるタイミングで授乳することが基本。とはいえ、1時間おきよりも頻繁に赤ちゃんが母乳を欲しがる場合、赤ちゃんの母乳の飲み方に問題があることも考えられます。

・授乳の間隔が1時間~1時間半くらいである
・おっぱいを絞ってみると、ポタポタと出る
・授乳後に乳首が痛い

上記のような場合、赤ちゃんはママの乳房にうまく吸い付けず、しっかり母乳を飲めていない可能性があります。

授乳後のママの乳首に、痛みはありませんか?赤ちゃんは大きなお口を開けて、ママの乳輪までくわえていますか?

授乳間隔があまりにもあかない場合、赤ちゃんがうまくママのおっぱいに吸着できてるかどうか確認してみましょう。正しいポジションで授乳できると、効率よくおっぱいが飲めるため、間隔があくようになることもあります。

母乳のあげ方・飲ませ方のコツは?新生児にラクに授乳するヒント2つ
「まだ小さな赤ちゃん。上手な母乳のあげ方・飲ませ方が分からない‥」 新生児の赤ちゃんはまだ母乳がうまく飲めないため、授乳をする...

授乳の間隔が長い場合は?

授乳してもすぐに「もっと欲しい!」「母乳、お替わり!」と食欲旺盛な赤ちゃんもいれば、あまり母乳を飲まず、寝てばかりいる少食な赤ちゃんもいます。

よく眠る赤ちゃんの場合「起こすのもかわいそう」とそのまま放置し、次の授乳まで長い間隔があいてしまうこともあります。

それでも母乳を長い時間ママの乳房にためておくと、母乳の分泌が悪くなるだけでなく、乳腺炎のリスクも高まります。赤ちゃんの体重がなかなか増えない恐れもあります。

赤ちゃんがよく眠ってくれて、授乳間隔があいてくると、お母さんとしては少し楽になりますね。

でもまだ1ヶ月過ぎたころなのに日中は4時間ごと、夜間は6時間あくといった、1日5~6回の授乳回数では赤ちゃんの体重は増えていきません。この時期は8回/日以上の授乳回数になるようにして下さい。

育てやすく手のかからない赤ちゃんのように思うかもしれませんが、授乳回数は重要です。赤ちゃんが眠りすぎではと思ったら、起こしてでもおっぱいを飲ませましょう。

引用:「いちばんやさしいはじめての母乳育児」SOLANIN(ソラニン)(成美堂出版)p.30

おっぱいよりも眠ることが好きな赤ちゃんの場合、次の授乳まで長い間隔があかないように注意しましょう。間隔が3時間以上あきそうな時は、寝ている赤ちゃんのオムツを替えるなどして声をかけ、こまめに授乳してあげて。

眠っている赤ちゃんの口もとに乳首をそっと近づけると、寝たまま吸ってくれることもあります。おっぱいが張って痛い時や、乳腺炎になりそうな時、寝かせたままの授乳を試してみましょう。

もしどうしても赤ちゃんが起きない場合は、搾乳しておきましょう。一度乳房を空にすることで、母乳の分泌をキープすることができます。搾乳した母乳は、冷蔵庫か冷凍庫で保存しておくと、直接授乳してあげられない時に役立ちます。

母乳の保存方法って?冷凍・冷蔵のコツと解凍方法、保存期間について
母乳育児をしていると、何らかの理由で赤ちゃんに直接授乳ができないこともありますね。そんな時のために、母乳を搾乳して保存しておくと便利...

生後2ヶ月の授乳間隔とは

授乳 間隔 2ヶ月

生後2ヶ月になると、新生児期よりも授乳間隔があくようになります。生後2ヶ月の授乳間隔の目安は2~3時間ほどですが、赤ちゃんによって個人差があります。

昼夜の区別がつくようになり、夜長く眠ってくれる赤ちゃんもいますが、夜間も3~4時間くらいの間隔で母乳をあげるようにしましょう。

<生後2ヶ月の授乳の目安>
・間隔:2~3時間
・回数:1日 8~10回

生後2ヶ月になると、赤ちゃんの「満腹中枢」が発達してきて、お腹がいっぱいになったという感覚が分かるようになります。

授乳中に遊び飲みを始めたら、もう満腹だというサインかもしれません。「お腹いっぱいになったね」など声をかけ、授乳を切り上げましょう。

生後3ヶ月の授乳間隔とは

授乳 間隔 3ヶ月

生後3ヶ月になると、次第にママと赤ちゃんの授乳リズムがつかめるようになってきます。生後3ヶ月の授乳間隔の目安は、2~3時間ほど。

あごの筋肉が発達して、母乳の飲み方が上手になります。一度に飲める母乳量が増えるため、次第に授乳の間隔があくようになります。

<生後3ヶ月の授乳の目安>
・間隔:2~3時間
・回数:1日 6~8回

生後3ヶ月をすぎても、できれば3時間以上、授乳の間隔があかないように心がけましょう。母乳の出を促すホルモンは夜に多く分泌されるため、夜間の授乳を続けることも大切です。

ミルク混合の場合の授乳間隔は?

授乳 間隔 混合

それでは母乳にミルクを足す「混合育児」の場合、どれくらいの授乳間隔で、どれくらいの量のミルクをあげたらいいのでしょうか。

混合育児では授乳後にミルクを足すようにしますが、赤ちゃんによって母乳やミルクの適正量は違います。ミルクを足しすぎると間隔があいてしまい、おっぱいの出が悪くなる恐れがあります。

ミルクの適正量を知るには、次の授乳までの間隔を見ながら、ミルクを足す量を調整する方法があります。

混合にするときのミルクの足し方

おっぱいを飲んだ量がわからないため、つい多めにミルクを作ってしまいがちですが、少なめにして様子を見る方がベターです。

おっぱい+ミルクで2時間ほどあけばOK。1時間で次をほしがるようなら、ミルクを少し増やすように調整します。

おっぱいだけで2時間もつなど、おっぱいの量が増えてきた感じがしてきたら、ミルクを足す量を減らしましょう。おっぱいだけでどれくらい時間がもつか試してみて下さい。

引用元:「出ない!痛い!わからない!母乳のお悩み解決BOOK」赤すぐ編集部(メディアファクトリー)p.50

混合育児の場合、授乳した後にミルクを足すようにして、次の授乳までの間隔が2時間ほどあくようにミルクの量を調整しましょう。

授乳間隔が1時間くらいなら、もう少しミルクを増やしてもいいかもしれません。逆に3時間以上、間隔があいてしまうなら、ミルクが多すぎかもしれません。

新生児の場合、母乳に足すミルクの目安は「30~40ml」と言われますが、ミルクの量は赤ちゃんの「腹持ち具合」を見ながら決めましょう。

母乳+ミルク=混合育児!ミルク量の目安と、覚えておきたいコツ3つ
「できるだけ母乳で育てよう!」と決めていても、ママの母乳不足などから、母乳に粉ミルクを足す「混合栄養」になるケースは少なくありません...

赤ちゃんのペースで、授乳のリズムを

授乳 間隔

生後間もない赤ちゃんは、おどろくほど頻繁におっぱいを欲しがります。1日中授乳におわれるママは「もう少し授乳間隔をあけたい」と思うかもしれませんね。

それでも赤ちゃんが成長するにつれ、一度に飲む量が増えて、自然と授乳の間隔が開いてくるようになります。

赤ちゃんの「おっぱいが欲しい!」という要求に応えていくうちに、調度いい授乳のリズムができるはずです。赤ちゃんのペースに合わせて、スムーズな母乳育児を。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする