夜間断乳はいつからできる?失敗しない夜間断乳の方法は?

夜間 断乳

「夜間断乳すると、夜泣きがなくなるって本当?」

夜間断乳とは、昼間はいつも通り授乳して、夜間だけおっぱいを止めること。夜間断乳すると夜泣きがなくなり、朝まで子供が寝てくれると言われます。

朝まで子供がまとめて寝てくれたら、ママの睡眠不足も解消されますね。夜間断乳が成功すると、子供の寝起きがよくなり、離乳食もよく食べるようになります。

それでは夜間断乳は、生後いつから出来るのでしょうか。成功させるには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか。

・夜間断乳は、いつから始められる?
・失敗しない夜間断乳のやり方は?
・夜間断乳で乳腺炎になることもある?

子供もママも朝までぐっすり眠るために。夜間断乳に適する時期や、失敗しないやり方のヒントなどをご紹介しましょう。

夜間断乳の方法について

夜間 断乳 方法

「夜間断乳」とは、夜間の授乳を止めて、おっぱい無しで朝まで眠れるようにすること。昼間は今まで通り授乳しますが、夜間は母乳もミルクもあげません。

夜間断乳すると、夜泣きをする子でも朝までしっかり眠れるようになり、寝起きがよくなると言われます。ママもまとめて睡眠時間がとれるのは嬉しいですね。

<夜間断乳のメリット>

・子供が朝までまとめて眠るようになる
・ママの睡眠不足が解消される
・睡眠のリズムができ、規則正しい生活になる
・断乳・卒乳の前準備ができる
・子供の食欲が出て、離乳食をよく食べるようになる

母乳を分泌するホルモン「プロラクチン」は、夜間多く分泌されると言われます。そのため夜間だけでも断乳をすると、母乳の出が次第に減っていきます。

少しずつ母乳量が少なくなるため、断乳(あるいは卒乳)する際に、ママが乳腺炎になるリスクを減らすことができます。

本格的な断乳の前段階として、夜間断乳を決心するママも少なくありません。それでは夜間断乳は、生後いつから始められるのでしょうか。

夜間断乳できる時期はいつから?

夜間 断乳 いつから

夜間断乳は、生後半年~8ヶ月くらいから始めることができると言われています。この頃になると、赤ちゃんが一度に飲める母乳量も増えます。

そのため眠る前にたっぷり授乳しておくと、朝までお腹が持つ場合が多いのです。

ただし夜間断乳がいつから出来るかどうかは、子供の発育状況や「おっぱい好き度」によります。夜間断乳できる時期には個人差があるため、ママが様子を見ながら判断しましょう。

<こんな場合、ラクに夜間断乳できるかも!>

・寝る前におっぱいを口に含むと、吸わずにすぐ寝てしまう
・夜間、特別お腹が空いている様子ではなさそう
・授乳が「眠るためのきっかけ」になっている

子供の発育がまだ十分でない場合、夜間断乳が失敗に終わる可能性もあります。一方、もう子供が断乳できる時期であれば、意外とスムーズに事が進む可能性もあります。

断乳の時期はいつから?無理なく断乳できるタイミングを教えて!
「スムーズに断乳できる時期は、いつから?」 ママが「早く断乳したい」と思っていても、子供がおっぱい好きだと、なかなか断乳の時期...

夜間断乳で乳腺炎のリスクが高まる?

夜間断乳をすると子供に授乳する回数が減るので、ママの乳頭にかかる負担は減らせますが、長時間授乳をしないでいると、乳腺炎のリスクが高まります。

胸の張りが気になる場合は、子供を寝かしつけたあと少し搾乳して、乳腺炎を予防するようにしましょう。

断乳後のおっぱいケア│胸が痛い時・しこりがある時の対処法は?
「断乳後のおっぱいが痛い!どうケアしたらいいの?」 断乳後のおっぱいは、パンパンに張るしガチガチになって痛い‥。夜も眠れないし...

夜間断乳のやり方、覚えておきたいコツ5つ

夜間 断乳 やり方

さまざまなメリットがある夜間断乳ですが、断乳1日目の夜は赤ちゃんに大泣きされて挫折するケースも少なくありません。

それではどんな点に気をつけたら、夜間断乳が成功するのでしょうか。失敗しない夜間断乳のヒント5つをご紹介しましょう。

1)事前にしっかり言い聞かせを

夜間断乳をする前に、子供に「夜間だけ、おっぱいは無し」ということを言い聞かせておきましょう。まだ言葉が分からない赤ちゃんであっても、ママの気持ちは伝わるはずです。

<夜間断乳の言い聞かせ方>

「おっぱいも、夜はねんねするよ」
「朝になったら、おっぱいを飲もうね」

子供にとってママのおっぱいは愛着のあるものです。たとえ夜間だけであっても、何のお知らせもなく、急におっぱいを取り上げることはやめましょう。

2)就寝前のおっぱいは、座って授乳する

夜間 断乳 やり方

夜間はおっぱい無しでも済むように、寝る前にたっぷり授乳をしてあげましょう。その時大事なポイントは「添い乳」ではなく「座って授乳」すること。授乳が済んでから、子供を布団で寝かしつけてあげるようにしましょう。

夜間の授乳をやめようとするときは、おっぱいに吸いついたまま眠らせてしまわぬよう、子供がまだしっかり起きている時に、添い乳ではなく座って授乳し、授乳が終わってから子供を布団に入れて寝かしつけます。

その際、子供が泣いても抱き上げないことが肝要です。抱いてゆすって寝かしつけるのは、おっぱいよりさらに大変ですから、最初から癖づけないのが1番です。

おっぱいがないと、抱かれなければ眠れないと、親子とも信じ込んでいるだけです。時間がかかっても、寄り添ってトントンしてやるくらいで、子供が自力で寝付けるよう見守ってあげましょう。

引用「おっぱいでもっとらくらくすくすく育児」北野寿美代(MCメディカ出版)p.78

子供は夜間目が覚めたとき、寝付いた時と状況が違うと、困惑して泣くと言われます。添い寝で寝かしつけると、目覚めた時におっぱいを求めて泣くので、寝る前のおっぱいは座ってあげるようにしましょう。

3)最初の夜、どんなに泣かれても挫折しない

断乳する最初の夜は、子供に一晩中ずっと泣かれることもあります。子供の泣き声に、ママは心が折れそうになるかもしれませんね。

もし根負けしておっぱいをあげてしまうと、子供は「泣けばおっぱいがもらえる」ということを覚えます。一度「夜間断乳する」と心に決めたら、どんなに泣かれてもおっぱいをあげないことが大切です。

たいていは、最初の晩こそかなり泣かれて大変ですが、次の晩には泣き声もトーンダウンし、3晩目にはまったく泣かなくなるのが普通です。

逆に、泣き声に耐えきれず、じらしたあげくにおっぱいをあげてしまうと、泣けばくれると思ってよりしつこく泣きわめくようになり、次にやめようとする時にはもっと大変になります。

朝、お子さんがしっかり目覚めたら、お腹が空いているでしょうから、たっぷり飲ませてあげましょう。

引用「おっぱいでもっとらくらくすくすく育児」北野寿美代(MCメディカ出版)p.79

夜間断乳の初日は、おっぱいを欲しがって泣き叫ぶこともありますが「何があってもおっぱいをあげない」と決意を。おっぱいを「封印」するために、乳首に絆創膏を貼るという手もあります。

泣かれて大変な1日目の夜をやり過ごすと、2晩目はだいぶ落ち着くようになり、3晩目になると朝までまとめて寝てくれるようになる子もいます。

夜間断乳の初日は徹夜になることもあるので、休日前(金曜日など)にスケジュールを組み、事前に家族にも説明しておきましょう。また、寝かしつけをパパに頼むとうまくいく場合もあります。

4)入眠儀式を決めて寝かしつけを

夜間 断乳 やり方

夜間断乳後もスムーズに寝かしつけるためには、寝る前に必ずする習慣(=入眠儀式)を決めることが効果的です。毎晩決まった入眠儀式をすることで、子供は「ねんねをする心の準備」をすることができます。

よくある入眠儀式には「お気に入りの絵本を読んであげる」「背中トントンしながら歌を歌ってあげる」などがあります。

基本的に入眠儀式は、暗い部屋で行うようにします。絵本を読んであげる際でも、部屋全体を明るくせず、小さな電気スタンドなどを使うようにしましょう

寝かしつけにリラックスできる音楽を流すことも効果的です。ゆったりしたクラシック音楽やオルゴール曲など、子供もママも好きな曲を選びましょう。ママが子守唄を歌ってあげてもいいですね。

5)スキンシップで寝かしつけを

夜間断乳をして「授乳」という親子のふれあいが減る分、就寝前にたっぷりスキンシップをとるようにしましょう。スキンシップは情緒を安定させるだけでなく、子供の前頭葉の発達を促す効果もあります。

おやすみ前のスキンシップは、眠りに落ちるためのもの。たとえば、ゆっくりと頭や頬をなでるだけでもいいでしょう。あるいは、腕や足を優しくマッサージしてあげるのもおすすめです。

マッサージは動物における「毛づくろい」に当たるもので、脳内セロトニン(抗不安作用物質)を分泌させ、情緒を安定させます。

引用:「赤ちゃんとママがぐっすり眠れる本」小山博史(リベラル社)p.136

眠る前のスキンシップで、子供は心身ともにリラックスモードになります。背中をトントンしたり優しくマッサージをしてあげて、スムーズに寝かしつけてあげましょう。

断乳後の寝かしつけ方法│夜泣きの悩みを解消するヒントは?
「断乳後の寝かしつけが、こんなに大変だとは‥」 断乳後の寝かしつけは、予想以上に大変ですね。子供はおっぱいを欲しがって泣き続け...

おっぱいから卒業する日は、もうすぐ

夜間 断乳

夜間断乳で一番大変なのは1日目の夜です。「ご近所に虐待だと思われるかも‥」と心配になるほど大泣きされますが、一度やると決意したからには、やり遂げましょう。

夜間断乳2日目になると、子供も大分落ち着くようになり、3日目にはまとめて寝てくれることもあります。「夜間しっかり眠れると、体がラク!」と感動するママも少なくありません。

夜間の授乳や夜泣きがなくなれば、ママの睡眠不足も疲れも大幅に軽減されますね。少しずつおっぱいから卒業して、子育ての階段をまたひとつステップアップしましょう。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする