妊婦の風邪の治し方!長引く風邪を「早く治す方法」3つ

妊婦 風邪 治し方

「風邪ひいちゃった‥薬を使わない治し方が知りたい!」

妊婦さんは、ウイルスに対抗する免疫機能が低下しているため、どうしても風邪を引きやすくなりがち。

お腹の赤ちゃんのことを考えると、できるだけ薬に頼らず、自分の治癒力をアップさせて治したいものですね。それでは、薬に頼らない妊婦の風邪の治し方にはどんなものがあるのでしょうか。

妊婦さんのスムーズな風邪の治し方や、病院に行く際の症状の目安など、まとめてみました。

妊婦の風邪は、胎児に影響があるの?

妊婦 風邪 影響

風邪とは、ウイルスがのどや鼻、気管などに侵入して炎症を起こす病気。症状としては、のどの痛みや発熱、くしゃみ、せき、鼻水などがあります。

妊婦は、生理的に免疫力が落ちるため、風邪をひきやすくなります。一度ひいたら症状が長引く、なかなか治らないということも。

「妊婦が風邪をひいたら、胎児に悪い影響があるかも・・」と不安になりますが、微熱(37度前後)程度の軽い風邪なら、赤ちゃんに悪影響をおよぼす心配はありません。

妊婦のカゼ!お腹の赤ちゃんへの影響は?

・風邪ウイルス・インフルエンザウイルス
→妊婦の風邪ウイルスが、胎盤を通じて赤ちゃんに影響することはありません

・くしゃみ・せき
→あまりにひどい咳・くしゃみの場合、腹圧がかかるため、子宮を収縮させる恐れがあります。場合によっては、咳を抑える薬が処方されることも

・発熱
→妊婦の高熱が続くと、子宮の収縮が引き起こされる恐れもあります

妊婦のカゼウイルスが赤ちゃんに影響を与える恐れはないと言われますが、高熱が3日以上続く場合は、早めにお医者さんに相談を。妊婦の状態によっては、解熱剤を使用したほうがいいケースもあります。

妊婦が風邪で病院に行ったほうがいいケース

・38~40度以上の熱が3日以上続く場合
胎児に影響を与える恐れがあるので、早めに医療機関の受診を

・発疹が出ている場合
→風邪ではなく「麻疹(はしか)」などの感染症の恐れがあります

・症状が長引く場合
→赤ちゃんに悪影響を与える「トキソプラズマ」などの感染症の恐れがあります

※妊婦さんが病院に行く場合は、マスクを忘れずに!

妊婦の高熱が何日も続く場合は、早めに病院に行くほうが賢明ですが、「微熱がでる」「のどが痛い」くらいの軽い風邪なら話は別です。

病院に行かずに家で体力を温存、セルフケアで風邪を直したいものですね。それでは、薬を使わない妊婦の風邪の治し方にはどんなものがあるのでしょうか。

妊婦の風邪の治し方!覚えておきたい3ステップ

妊婦 風邪 治し方

お腹に大事な赤ちゃんのいる妊婦さんがカゼをひいたら。自然な方法で治癒力をアップ、症状を経過させたいですね。それでは妊婦の風邪がスムーズによくなる治し方のヒントを見てみましょう。

1)暖かくして、安静にする

「風邪かな?」と思ったら、暖かくして寝る・・言うまでもなく、治し方の基本です。症状が軽いなら、待ち時間の長い病院にいって体力を使うよりも、家で安静に寝ているほうが治りが早いことも。妊婦は他の感染症も心配ですね。

十分な休息をとると、カラダの免疫機能が高まります。薬でムリに症状を抑えて動き回ったりせずに、症状がおさまるまで、安静にしていましょう。妊婦さんに無理は禁物です!

妊婦の風邪を治すには、ココを温めよう!

・背中の肩甲骨の間は、おすすめの温めポイント
→この部分をを温めると、ゾクゾクとした寒気が和らぎます

背中にカイロを貼って温めてもいいのですが、低温やけどには要注意。

2)こまめに水分補給を

風邪のために発熱して汗をかくと、脱水症状を起こしてしまう可能性があります。喉が渇きやすくなる妊婦は、脱水症状に特に注意を。

「喉が乾いた」と感じる前に、こまめに水分補給をするよう心がけましょう。一度にゴクゴクと飲むのではなく、少しずつコマメに飲むのがポイントです。

妊婦 風邪 治し方

「オーエスワン(OS-1)」(大塚製薬)のような市販の経口補水液を使うと、効率よく水分が補給できますが、経口補水液は自宅で作ることもできます。

経口補水液の作り方(500ml)

・水・・・500ml
・砂糖・・20g(大さじ2と1/5)
・塩・・・1.5g(小さじ3/10)

上の材料を、透き通るまで混ぜて溶かします
溶けにくい場合は、少量のお湯に砂糖と塩を溶かし、残りの水を加えてもOK

食中毒を防ぐため、作った経口補水液は冷蔵庫に保存して、作った日のうちに飲みきりましょう。レモンなどを加えると飲みやすくなりますが、入れすぎると経口補水液の糖分・塩分の比率が変わり、体内に吸収しにくくなります。

「ポカリスエット」や「アクエリアス」など市販の飲料で水分補給してもOK。ちなみにポカリスエットは水分補給、アクエリアスは運動後の疲労回復を目的として作られているそう。

ただし下痢をしている場合は、糖分が胃に負担をかけるため、スポーツドリンクは避けて。またポカリスエットなどは糖分が多いので、体重管理が必要な妊婦さんは、飲み過ぎないよう注意を。

3)体を温める食べ物をとる

「風邪をひいたら、ショウガ湯を飲む」という治し方をしている方も少なくありません。

ショウガは強力な温め効果のある食べ物。他にも吐き気をおさえたり、疲労回復を促す効果、胃腸の働きを促す効果などがあります。

ショウガをすりおろして熱い紅茶に入れた「ショウガ紅茶」もおすすめ。ほんのりスパイシーな風味で、じわりと体が温まります。

カラダを温める食べ物

・ショウガ、大根、ニラ、ネギ、玉ねぎ
・にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜
・塩、味噌、黒砂糖、唐辛子などの調味料

妊婦の風邪は食べ物で治そう!おすすめの食べ物と食事のヒント
「妊婦だから、できるだけ薬は使いたくない‥はやく風邪が治る食べ物は?」 お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは、風邪薬にも気を使うもの...

妊婦さんが風邪をひいたら‥体にやさしい治し方を

妊婦 風邪 治し方

薬をできるだけ使いたくない妊婦さんに。体にやさしい自然な風邪の治し方をまとめてみました。

妊婦が風邪をひいたら‥治し方のヒント

・体を温めて、安静にしている
→肩甲骨の間を温めるのが効果的!

・水分をコマメに補給する
→経口補水液を自宅で手作りしても

・体を温める食材をとる
→ショウガ、ネギ、ニラなどは強力な温め食材

妊婦さんは風邪をひいたら「すぐ病院!」「すぐ薬!」・・ではなく、できるだけ自分の治癒力をアップさせる方法や、治し方を考えてみましょう。

病院で出される薬は、あくまで対症療法にすぎません。風邪の症状を抑えるだけのもので、根本的に治しているわけではありません。風邪を治すのは、アナタ自身の免疫力なのです。

妊婦期間だけでなく産後も、母乳育児をするなら、安易に薬を飲むことはできません。母乳を介して薬の成分が赤ちゃんの口にも入ってしまうからです。

妊婦のうちから、カラダを温める食べ物、免疫力を上げる生活習慣で、風邪に負けないカラダ作りを!

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする