妊婦の便秘‥腹痛や下痢、吐き気にも悩まされるのはナゼ?

妊婦 便秘 腹痛

「ずっと便秘してるせいか、お腹痛いし、吐き気もする・・」

便秘は妊婦さんのよくあるトラブル。妊婦のおよそ7割が便秘に悩んでいるというデータもあります。

妊婦の便秘は、腹痛や腰痛がしたり、吐き気がしたり、下痢になったり・・さまざまなトラブルを伴うことが多くあります。

・妊婦の便秘、腹痛や腰痛もするのはナゼ?
・便秘と下痢を繰り返す場合は?
・便秘が続いて、吐き気がする時はどうしたらいい?

妊婦の便秘に伴う「腹痛」「腰痛」「吐き気」などのマイナートラブルの原因と対処法を、まとめてみました。

妊婦の便秘、腹痛や腰痛、吐き気もするのはナゼ?

妊婦 便秘 腹痛

妊娠すると、妊婦さんの体内には妊娠を存続させるためのホルモン(=黄体ホルモン「プロゲステロン」)が大量に分泌されるようになります。

その黄体ホルモン「プロゲステロン」には、腸の働きを鈍くする作用があるため、妊婦さんは便通が悪くなってしまいます。

便通が悪くなると・・

→腸内に便がたまり体内で発酵、ガスが発生する
→便やガスがお腹にたまり、腹痛を引き起こす

お腹にたまった便やガスのせいで、腹痛が引き起こされます。また、便通が悪くなるせいで腹痛がするのと同じような理由で、腰痛や吐き気なども引き起こされます。

腰痛が起きる原因

→腸の中にたまったガスが腸を押し広げ、腰や背骨を圧迫
→腰まわりの血行が悪化、腰痛に

吐き気がする原因

→体内に便などの老廃物がたまり、出せない状態が続く
→体は「吐く」ことで老廃物を出そうとするため、吐き気を感じる
→吐き気がするだけでなく、実際に嘔吐してしまうケースも

腹痛や腰痛、吐き気を解消するためには、老廃物を体にためこんだ状態を解消することが、いちばんの対処法になります。

妊婦さんの便秘対策!今すぐ役立つ生活習慣のヒント5つ
「便が出そうで出ない、気持ち悪いし、苦しい‥」 妊婦さんの便秘の悩みは深刻。何日も便が出ない状態が続くと、本当に苦しいですね。...

便秘と下痢が繰り返し起きる場合は?

妊婦 便秘 下痢

妊婦さんは便秘や腹痛に悩まされがちですが、体質や食生活、生活習慣などによって個人差があり、なかには便秘と下痢が繰り返し起きる妊婦さんもいます。

妊婦の下痢の原因は?

・妊婦の体内に多く分泌される黄体ホルモンの影響
・腸内にたまった老廃物を体外に出そうとする働きのため

妊婦の下痢は、便秘による吐き気のメカニズムと同じ。体内の老廃物を出そうとする働きによって、下痢になると考えられています。

便が排出されず、体内に老廃物がたまると・・

→老廃物を体外に出そうとして、下痢になる
→下痢によって、腸内にいた善玉菌も体外に排出されてしまう
→腸内環境が悪化、また便通が悪くなる・・

体内にたまった便を押し出すために、水分がまだ多い状態の便までもが体外に排出されることで、下痢の症状は引き起こされます。

繰り返し起きる下痢を予防するためには、食べ過ぎを控え、体を温めることが大切。刺激物や脂っこい食事も、できれば避けましょう。

また、キシリトールが入っているガムも控えましょう。意外と知られていませんが、キシリトールには下痢を引き起こす働きがあるので、避けておいたほうが無難です。

妊婦さんは口にするものに注意して、便通をスムーズにする食生活を心がけて。

妊婦のひどい便秘を改善する食べ物は?覚えておきたい食生活のヒント5つ
「妊娠してから毎日、便秘がひどい‥何日もゼンゼン出ない!!」 妊婦のよくあるお悩みと言えば「便秘」。それまで便秘でなかった人で...

また、妊婦さんは腹痛や下痢とならんで、足の付け根の痛みに悩まされるケースもあります。

これは、妊婦の子宮が急に上にむかって大きくなり、子宮と骨盤をつないでいる靭帯(じんたい)が引っ張られるため。

週数が進むにつれ、痛みは和らぐことが多いようですが、あまりにも痛いようなら病院で相談を。

妊婦さんの便秘は、なんとしても解決したいもの

妊婦 便秘 腹痛

妊婦はホルモンの関係上、どうしても便通が悪くなりがち。

便が出ない状態が続くと、腹痛や腰痛、吐き気や下痢などの症状が引き起こされます。体内にたまった毒素から、頭痛に悩まされることもあります。

便秘をすると・・
→腸内に便がたまり、発酵してガスが発生!

・お腹にガスがたまり、腹痛に
・ガスが腰周辺を圧迫、腰痛に
・毒素を体外に排出しようと、吐き気や下痢に

腸は食べたものの栄養を吸収する「消化器官」であり、体内最大の「免疫器官」です。

そんな大切な腸に、便がパンパンにたまっていたら?血液は汚れ、免疫力は落ち、腹痛を引き起こし・・赤ちゃんへの影響も心配されますね。

セルフケアをしても便通が改善されない時は、病院に相談を。赤ちゃんに悪影響のない妊婦OKの薬を処方してもらってね。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする