妊婦の食事、マクドナルドってどうなの?ジャンクフードを食べたい時の対処法

妊婦 食事 マクドナルド

「カラダに悪そうだけど、マクドナルドのポテトが食べたい‥」

お腹の赤ちゃんがいる妊婦さんは、栄養のバランスのとれた食事をしたいものですが、「どうしてもファーストフードが食べたくなる!」という方も少なくありません。

・マクドナルドなどのファーストフード、妊婦は食べちゃダメ?
・妊婦に悪い食べ物って、どんなものがある?
・ジャンクフードが食べたくなった時の対処法を教えて!

「たっぷり野菜も食べないと‥」と思いつつ、マクドナルドやスナック菓子、体に悪そうな食べ物が止められないアナタに。

妊婦にファーストフードがオススメできない理由と、ジャンクフードが食べたくなった時の対処法をお送りします!

妊婦の食事、マクドナルドじゃ‥問題アリ?

妊婦 食事 マクドナルド

「妊婦さんは栄養バランスのとれた食事を!」
「カロリーも塩分も控えめに!」

母親学級に行くと、必ずそんな風に食事の指導がされますね。

でも、妊娠前からマクドナルドなどのファーストフードが好きで、よく食べていた妊婦さんが、急にキッパリと食生活を変えるのも難しいものです。

それではなぜ、妊婦はマクドナルドなどの食事をすると「体に悪い」と言われるのでしょうか。妊婦がファーストフードを控えたほうがいい理由を見てみましょう。

ファーストフードはカロリー高め

マクドナルドなどのファーストフードは、カロリーが高い食べ物。マクドナルド1回の食事で、1日のエネルギーの半分近くを摂ってしまうこともあります。

妊婦さんがカロリーオーバー気味の食事を続けていると、「妊娠高血圧症候群」「妊娠糖尿病」の発症リスクが高まります。

マクドナルドのメニューのカロリー

・てりやきマックバーガー・・519kcal
・ビッグマック・・530kcal
・マックフライポテトM・・424kcal
・コカコーラM・・140kcal

※マクドナルド公式サイト「栄養成分一覧表」より

例えば、バリューセットの場合。てりやきマックバーガーにポテトのM、コカコーラMのセットにすると、合計で1083kcal。ビックマックにポテトM、コカコーラMを選ぶと、1094kcalになります。

30代の女性が1日に必要とするエネルギーは

・生活活動強度Ⅰ(低い)の場合・・1日あたり1500kcal
・妊婦はその数値プラス350kcal ・・1日あたり1850kcal

ビックマックのセットを頼むと、このエネルギー量の半分以上を摂っていることになりますね。この数値からみても、マクドナルドの食事がカロリーが高く、簡単にカロリーオーバーしてしまうことが分かるでしょう。

・ファーストフードは塩分も多い

妊婦が塩分の多い食事をしていると、体のむくみがひどくなるほか、「妊娠高血圧症候群」になるリスクが高くなります。

「妊娠高血圧症候群」になると、子宮な胎盤の血流が悪くなり、お腹の赤ちゃんは酸素不足・栄養不足になります。

その結果、赤ちゃんの発育が悪くなるため、低出生体重児として生まれてくる可能性が高くなります。同時に妊婦自身も、頭痛やむくみに悩まされるようになります。

妊婦は塩分を控えたいものですが、マクドナルドのメニューには、どれくらいの塩分が含まれているのでしょうか。

マクドナルドのメニューの塩分量

・てりやきマックバーガー・・2.0g
・ビックマック・・3.4g
・マックフライポテトM・・1.1g
・コカコーラM・・0g

ハンバーガーにポテトM、コカコーラMを注文したとして、塩分量は3.1グラム。ビックマックにポテトM、コカコーラMのセットだと、4.5g。

妊婦が1日にとる塩分摂取量の目安は、約8gです。ビックマックにポテトMを食べた日には、この目安の半分の塩分を1度の食事でとってしまうことになります。

それでもマクドナルドに行きたいときは

妊婦 食事 マクドナルド

マクドナルドをはじめとするファーストフードは、塩分もカロリーも多め。さらに糖分、油分も、食品添加物も多く含まれているので、やはり妊婦にとっては“体に悪い食べ物”。

妊婦はファーストフードなどを控えたほうがいいのですが、アルコール類のように「絶対に禁止!」というわけではありません。

ガマンのしすぎもストレスがたまるので、妊娠の経過が順調な場合、週に1度程度なら問題ないかと思われます。ただ、週に何回も行くのは止めておいたほうが賢明。

マクドナルドで食事をするときは

「マック1回で、1日のカロリーの半分、1日の塩分量の半分をとってしまう」くらいの見積もりをしておきましょう

あとの2回の食事は、低カロリー・減塩を心がけ、1日の食事の帳尻をあわせましょう

ジャンクフードなど“妊婦に悪い食べ物”が欲しいときは?

「マクドナルドが体に悪いと分かっていても、あのポテトが食べたくてたまらない‥」

ファーストフードやジャンクフードが体に悪いと分かっていても、つい食べたくなるのはよくあること。

「あのポテトが食べたい」「あの甘いマックシェイクが飲みたい」など、ある特定の食べ物を「食べたい!」と思うとき。それは、体が発しているSOSのサインである可能性があります。

塩気のある食べ物がほしいときは?

妊婦 食事 ジャンクフード

例えば、体のミネラルが不足すると、塩分を欲するようになるとも言われています。

また体が疲れていたり、ストレスを感じているとき、ホルモンを出す働きのある「副腎(ふくじん)」の働きが不活発になり、食事で塩分を欲するようになるとか。

塩気があるものが欲しくなるアナタ。疲れやストレスはたまっていませんか?ミネラル不足になっていませんか?

塩気のある食事がしたいとき、ジャンクフードなどが食べたくなったときの対処法としては、ミネラルを豊富に含む食べ物を摂ることがおすすめです。

手軽にとれるミネラル豊富な食べ物

・ナッツ類(くるみ・アーモンドなど)
・大豆製品(豆腐、納豆、豆乳など
・バナナなど

ナッツ類などは手軽に食べれる上、生活習慣病の予防になる「不飽和脂肪酸」を多く含んでいます。妊婦さんは、ポテチやスナック菓子を食べたくなったら、アーモンドなどのナッツ類を!

甘い食べ物がほしい時は?

妊婦 食事 ジャンクフード

甘いものが無性に食べたくなる時は、タンパク質が不足している可能性があります。

タンパク質が足らなくなると、脳内物質「セロトニン」も不足するため、糖分の多い食事、甘い食べ物を欲するようになるのです。

白い砂糖はカラダを冷やすので、できれば妊婦さんは甘いお菓子を避けたいもの。低カロリー高タンパクな食事を心がけると「甘いお菓子がほしい!」という欲求が和らぐはずです。

手軽にとれるタンパク質

・大豆製品(豆乳、豆腐、納豆など)
・肉類(鶏肉など)
・魚介類(サケ、シーチキンなど)
・鶏卵

甘いものが食べたくなったら、タンパク質を。シーチキンサラダや卵料理などもいいですね。ゆで卵を多めにいくつか作って、冷蔵庫にストックしておくのもおすすめ。

お肉を食べるなら、ローカロリーな鶏ササミなどが最適。魚介類も高タンパクなのですが、妊婦はマグロなどの大型魚は避けるように注意を。

妊婦の食べ物でダメなものって?注意が必要な食べ物まとめ
「妊婦は、生モノを食べたらダメ?」 「妊娠中は刺し身もお寿司も、禁止なの?」 妊婦さんの食べ物は、食べる回数や摂取量に注意が...

揚げ物が食べたいときは?

妊婦 食事 ジャンクフード

体内の排泄機能が弱まり、水分がたまりやすくなっていると、油っこい食事や、揚げ物などが食べたくなると言われています。

「そういえば揚げ物が食べたくなるときは、カラダがむくんでる・・」なんてことは、ありませんか?

不要な水分を体外に排出するたえには、「カリウム」豊富な食べ物をとるのがおすすめです。

カリウム豊富な食べ物とは

・大豆製品(納豆、豆腐、枝豆、きなこなど)
・アボガド
・バナナ
・とうもろこし、かぼちゃ、ほうれん草など

カリウムが豊富な食事で、妊婦のよくあるお悩みである「カラダのむくみ」も緩和されます。

食事を見直して、ヘルシーな妊婦生活を!

妊婦 食事 マクドナルド

妊娠前からファーストフードをよく食べていた妊婦さんは、「急に食生活を変えろって言われても‥」とストレスをためているかもしれませんね。

妊婦の食事にマクドナルドなどファーストフードが適さないワケ
・カロリーが高い
・塩分が多い
・糖分、油分、食品添加物も多い

どうしてもジャンクフードが食べたいときは?

・塩気があるものがほしい時
→ミネラル豊富な食べ物を
(ナッツ類、大豆製品、バナナなど)

・甘いお菓子などがほしい時
→良質なタンパク質を
(大豆製品、肉、卵、魚介類など)

・揚げ物などがほしい時
→カリウム豊富な食べ物を
(大豆製品、アボガド、バナナなど)

マクドナルドで食事をした日には、他の食事で塩分・カロリーを控えることを心がけて。

ちなみに、マクドナルドでマックフライポテトを注文するときに「塩抜き」「減塩で」と頼むと、塩は別に出してもらえるそう。少しだけ塩分をオフするアイデア。

お腹のなかの赤ちゃんは、アナタの食べたもので大きくなります。いま何を口にするべきか考え、豊かな栄養で赤ちゃんを育みましょう。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする