つわりを乗り切るには?覚えておきたい対策方法3つ

つわり 対策 乗り切る

「赤ちゃんが出来たのは嬉しいんだけど、つわりがね・・」

つわりは、経験したことがない人には分からないツラさがあります。そんなつわりを乗り切るためには、どんな対策方法があるのでしょうか。

・つわりを乗り切る対策方法が知りたい!
・吐き気をおさえるツボなんてある?
・つわり対策グッズってどうなの?

ムカムカするつわりを乗り切って、ハッピーな妊婦生活を送るために。簡単にできる対策方法をまとめてみました!

つわりを乗り切る!対策方法の基本3つ

つわり 対策 乗り切る

つわりが起きる時期は主に妊娠初期。妊娠6週~11週くらいがピークだと言われています。しかしつわりに悩まされる時期には個人差が大きく、後期までずっと症状が続く方もいます。

自分なりの対策方法を見つけて、カラダの負担を減らさないと、妊娠生活がすっかりブルーなものになってしまいますね。それでは、つわりを乗り切る基本を3つ上げてみましょう。

1)食べれるものを、ちょこちょこ食べる

つわりは、血糖値がさがると症状が悪くなる傾向があります。血糖値が低い状態(=低血糖)をさけるために、食べれるものを食べれるタイミングで口にするといいでしょう。

おにぎりやうどんなどの炭水化物で血糖値を上げるのも有効ですが、自分が食べたいもの、口あたりのよいものでもOK。

2)「何が食べたい?」自分の欲求に従う

「妊娠中だもの、栄養をとらないと・・」と考えて、ムリに食べたくないものを食べる妊婦さんも少なくありません。でもムリは禁物!よけい症状が悪化してしまいます。

つわりを乗り切るためには、栄養のことを考えるよりも「今、自分が何を食べたいか」を優先して。

妊娠中は、優先的に赤ちゃんに栄養が送られるので、そこまで栄養不足を気にしなくても大丈夫。つわりを乗り切るためには、自分の食べたいものを食べて。

3)胃腸に負担をかけない

好きなものを、食べれるタイミングで食べるのがつわりを乗り切るコツ。とはいえ、弱った状態の胃腸に刺激を与えるような食事はNGです。

つわり中は食の好みが変わりますが、辛い食べ物、油っぽい食べ物、消化に悪い食べ物はさけましょう。こまめに水分を補給することも大事です。

吐き気をおさえる「ツボ」でつわり対策を

簡単にできるつわり対策に「ツボ押し」があります。それではつわりに効果的な「吐き気をおさえるツボ」にはどんなものがあるでしょうか。

つわり 対策 ツボ

吐き気をおさえるツボ「内関(ないかん)」

・手首の付け根の横ジワから、指3本分下にあるツボ
・吐き気や食欲不振、胃痛などに効果が。吐き気対策に有効

押してみて「痛いけど気持ちいい」ポイントが内関のツボ。吐き気を感じたら、ギュッと6~8秒ほどこのツボを押してみましょう。

つわり対策グッズ、どんなものがあるの?

つわり 対策 グッズ

それでは、つわり対策グッズにはどんなものがあるのでしょうか。気持ちがナーバスになりがちなこの時期におすすめしたいつわり対策グッズは、アロマテラピーのセットです。

カラダや気持ちを癒やし、不調全般をケアするアロマグッズは、長くずっと使えるのが大きなメリット。

妊娠中の吐き気対策に使えるアロマ

・ペパーミント・・吐き気をおさえ、消化器系の不調をケア
・レモン・・気分変調やイライラをおさえる作用が
・グレープフルーツ・・うつ状態を緩和、気持ちを明るくする

つわりに悩まされるこの時期に、アロマグッズや好きな香りをそろえてみるのもオススメです。

ツラいつわりを乗り切る対策まとめ

つわりを乗り切るためには・・

・低血糖状態をさけるため、食べたいモノを食べれるタイミングで
・消化のよい食べ物を選んで、胃の負担を減らす
・吐き気をおさえるツボ「内関」も効果的
・アロマグッズ、好きなアロマの香りをそろえるのもアリ

つわりがツラい時期は、できるだけムリせずにリラックス。ゆったりとした服で、ゆったりと過ごそう。

この記事を書いた人

執筆者:菜月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする